スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌-48「中国語とビックリマーク!!」
中国で街中の文字やメールを読んでも、強調の「!」(exclamation point)が多用される。

例えば感謝!工作顺利!なんて最後にメールに付けたりする。
抑揚の大きい中国語で気持ちを伝えるにはこの!!は欠かせない。とにかく!!と付ければ何か訴える感じがするのは日本人にとっても同じだろう。

 「ありがとうございます。」だと落ち着いた感じ。

 「ありがとうございます!!」 だと、なにか子供っぽいけれどもハキハキしたサラリーマンを思い浮かべる。

しかし、この !マーク。よく考えてみれば、中国独自のものではない。それまではどうやってこの感嘆を文字にしていたのか。

思えば、強い表現(発音)したいとなる漢字は字の形自体が強い表現となっていないだろうか。!マーク以前は感嘆の意思を漢字の形の中に組み込んでいたのかもしれない。

例えば「激烈」なんて読み方や意味など知らなくても、何か強いものを感じさせてくれる。字体として 文字の線の向きが外向きになっていると、尖った雰囲気が出る。 象形文字、つまり漢字の中に無意識の意思(デザイン)が入ってつくられたのだ。新説なるや。

***

それにしても!と?は便利。

これは本当。
これは本当!
これは本当?

全く意味が変わってくる。

ついでにこれも、

これは本当(笑)





関連記事
[2010/02/06 00:23] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌番外編「春節日本滞在記」 | ホーム | 上海日誌-47「東洋と西洋のコントラスト」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/401-0b763aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。