上海日誌42「国擬人化シミュレーションゲーム」
 ヘタリアを始めとして、最近は各国を擬人化したアニメが人気になってきた。最近では各国を萌えキャラクターとした本も発売された。
萌え擬人化
画像を貼るのにはちょっと抵抗がある

 国を擬人化することに諸外国から避難は在るし、このような偏見の極みが冗談だと思われずに、日本以外をよく知らない人々に浸透してしまうのは怖くもある。しかしながら、事実として国民性は存在する。

 日本人には日本人の特性があるし、中国人には中国人の特性がある。それは短所であり長所でもある。サッカーの中田英寿が話していたことに「日本人は(西洋人のような当たりの強さなどはないが)アジリティ(敏捷性)に優れている。それを最大限に生かさなければ勝てない」。他の国の能力を見てまねるのではなく、比較して勝てるポイントに焦点を当てるべきなのだ。
 日本人の特徴は労を惜しまない国民性にある。職人気質と言ってもいい。「完璧を求め、誰に言われなくとも自分が納得出来る誇れるものをつくる」という気概だ。日本人は金持ちであろうが身分が高い人(と言われる人)だろうが彼らには心から従わない傾向がある。自分が持っていない能力を持つ人こそ尊敬する。子供の将来の夢の上位に大工さんが入るのは、なんだかんだいって日本特有の面白い現象だ。日本人は元来口で動かされる国民ではない。この5年ほど「その仕事で満足?」「本当に自分に向いていること」などウェブや広告で自分探し的な宣伝文句がなされているが、日本人にはその啓蒙は向かないし必要ない。自分の境遇を悩ませるだけだ。「職人気質」これに特化したときこそ日本人は絶大なる力を発揮する。どの仕事に付いたにしろ日本人はそれを実行する。その職人的な仕事はほとんどが地味で単調なのだ。それを否定されたら日本人の誇るべき気質はどこで発揮すればいいのか。


 もし私がゲーム会社に勤めていたら、各国を擬人化して軍隊や会社を組織するゲームを作る。このゲームでは例えばファミコンウォーズで戦車部隊や歩兵、飛行機隊など多様の種類で軍隊を組織するように、イタリア人やドイツ人、日本人などを傭兵隊として組み入れる。イタリア人だと捕虜になったらすぐに情報を漏らしてしまうとか、アメリカ人とイギリス人を一緒の部隊にすると組織が分裂してしまうとか、フランス人を入れると食料補給が大変になる(フランス軍は無駄に軍事食も無駄にコースメニューなのだ。)とか、パロディを踏まえつつ多国籍軍を作って戦うシミュレーションゲームだ。
 
 シムシティのように会社を組織するゲームもいい。日本人だと職人的で時間を惜しみなく使って、いい物をつくるが売れない。中国人はものはつくらないが真似をして、販路を拡大し、とにかく売る。アメリカ人を入れると交遊が広がるが、突然会社を辞めてしまう、イタリア人だと、、、、会社のモチベーションはあがるが、イタリア人自身は仕事をしない、、などそれぞれの長所短所を組み合わせ会社を作り、発展させていくゲームだ。

 面白いかの議論はもちろん、各国で批判を浴びそうだが。

関連記事
[2009/12/02 03:47] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌43「スケッチ」 | ホーム | 上海日誌-41「漏水は発明の母」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/394-78ecc816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |