スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌-41「漏水は発明の母」
まず、中国で二重床は一般的ではないにしろ、トイレの配管はスラブ上で回すようになってきているようだ。しかし、二重床器具は中国では一般的ではない。必ず提案しても反対される。現在では中国には種類が少ない。現在担当の設計ではBAZONの束を指定しているが、ヨーロッパからの輸入なので恐ろしく高い。中国なら偽物がいくらでもつくれるのではないだろうかと思う。そんなに需要がないのだろうか?

 また、壁の厚さやメンテナンスを考えてサヤ管(管の中に管を通す仕組みで破損しにくく補修しやすい。)などきちんと使えば良いと思うのだがこれも何の抵抗があるのだろうか。こちらはRCを打つと高いのでコンクリートブロックを使用しているが、このブロックだと壁厚がブロックだけで200mm見ておかないとならないのでプランに無駄が出る。となれば、このブロック内部にサヤ管を通せる仕組みをつくれればいいのだ。
コンクリートブロックを販売、、、というのでは現場作成をする中国や世界の現場では役に立たない。となれば現場作成コンクリートブロックのための型枠を工夫して作成出来ればヨーロッパ、アジア、南米、アラブ諸国でも一般的に使われるものにならないだろうか。
 
 まぁ、誰か考えたことがあっても良さそうな物なのだが、構造的に関係のないブロックなら後から穴を空けてつくった方がいい、とかブロックを使うような限界的な設計を求められない場合では配管のための50mmぐらいなら目をつぶるということなのだろうか。
 漏水対策の為にも壁と配管の仕組みをサヤ管の為の空洞付きのブロック(型枠)をつくればいいと思うのだ。

関連記事
[2009/11/27 01:10] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌42「国擬人化シミュレーションゲーム」 | ホーム | 上海日誌-40「漏水。尋常ではなく」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/393-fe1f5744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。