スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌番外-4「日本のタクシーは空車が多すぎる。」


久々の日本。まずは成田のトイレに感動をする。

毎回長期旅から帰って思う事だ。あの汚い、青空の、ニイハオのトイレ、というかトイレですらないだろうと思われるトイレの世界から清潔で、個室、消音の為の滝の音、トイレシート、暖められた便座、ウォシュレット、自動水洗、、、用を足すだけなのになんて至れり尽くせりなのか。

さて、この当たり前の事に気付く目を持って東京を見るとやけにタクシーの空車が目立つ。金曜日の夕方、それも都心部六本木、しかも小雨が振っている。上海の都心部ならまずタクシーの奪い合いになっている時間帯。日本のタクシーの値段が高いのはたしかだし、電車交通網が発達しているという事情もある。ただ、上海の電車の値段が3元~、バスが1元~というのに対して上海のタクシーは12元~。これだけ見ると日本の地下鉄は160円~日本のタクシー710円~というのは比率で言えば同じだ。

だとすれば、上海のタクシーも空車率が高くて当然と思うだろうがそうはならない。要は貧富の差が激しいからだ。上海のタクシーに乗っている外国人比率は中国人と滞在外国人比率に対して圧倒的に高い。

とはいえ、日本は国策なのか夜中は電車もほとんどバスも走らない。通勤時間が長い日本人にとってはもっとタクシーが活躍できるはずなのだが、、、どうもそうはなっていない。なにかタクシーの使い方、使われ方がおかしいのではないか。

旅先のバヌアツでは乗合タクシー制度が使われていたし、
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/blog-entry-33.html

パキスタンもモロッコも乗合タクシーだ(まぁ、道が少ないので人数が集まったら出るバスみたいなものだけれど)
パキスタン乗合
パキスタンの地方都市の乗合バン乗り場。人数がそろったら出発。そろうまで出発しない。急ぐ場合は助手席の2人分の座席を買ったりする。しかし、女性が来たら譲らないと行けないので、結局後ろに男にぎゅうぎゅう挟まれて乗る事になる。

トヨタの改造ハイエースには通常14人最高22人乗れる。ドライバー?人、前列:2人、中前列:3人 中後列:4人 後列:4人。加えて 屋根2人。後ろに掴まる人4人、中につめて+2人。あり得ない。



pakistan乗合1
これもタクシー、好きなところで乗り、降りる。



上海にも実はある。深夜路線やバス停に近くには何かバンらしき車が泊まっていて、きちんと客引きをしている。大体行く方向が同じなのだからと皆乗っていくのだ。
日本で言うと、白タクになってしまうのでこのシステムは将来的な防犯の為には日本に同入しずらいかもしれない。しかし、日本のタクシーの空車率はやはり異常に映る。一方で田舎の方のコミュニティバスの利用率も酷いもので全く採算が取れていないはずだ。

 田舎の街の仕組みは東京のそれとは違い、拠点が駅ではない事を認識してジャスコ等の郊外型ショッピングモールと交通手段をタクシー、コミュバス一体となって考えるべきだろう。

で、話は戻って東京、東京のタクシー問題は街の作り方自体にあるといってもいいかもしれない。タクシーに乗っても素早く移動出来ない。これほど信号があったり、道路幅や直進性の悪さなど、車の移動効率が悪い都市も珍しいのだ。上海はタクシー以上に便利で早く移動出来る手段はない。そして、地下鉄+タクシーとするぐらいなら、タクシーで始めから行った方が圧倒的に早いし、値段もたいして変わらないのだ。

 タクシーは非常に便利な移動手段だ。これを空車にしておくのは全ての面に置いて日本は損をしている。タクシー会社ならず、市民や国、市が有効活用出来るすべを考えていくべきだろう。これは都市部も田舎も関係ない。

関連記事
[2009/11/17 00:44] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌番外編-5「横浜、温泉、群馬」 | ホーム | 上海日誌-36「耐性と慣れ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/386-de210236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。