スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌35-「中国人はなぜうるさいか考察ー2」
 1ヶ月ほど前にユーロ内でi-podなどの携帯音楽機器への音量規制を検討し始めたそうだ。中国の場合は携帯電話の音量規制を是非してもらいたい。ある一定の音量を超えた声を出すと、携帯電話が音を拒否するというような形でお願いしたい。バスの中がうるさくて仕方ない。
中国人がこんなにもうるさいのに対して、日本人は実に静かだと思う。日本語というのは主要言語の中で唯一腹式の発声ではなく、喉の付近のみで音が出せる言語なのだという。そんな国で育ったのならば、中国人がうるさく感じられてしかたないだろう。

 声が大きくなる理由に自己主張が強い国民だということを考察ー1で書いた。ただ、自己主張というより、野良犬がけんかするような形であちこちで揉めている。主張というか発散。とにかくいいたいことだけ怒鳴る、言い切る。そこに主張などない。これが我が身に降りかかるとさすがに応戦したくなってしまう。相手が圧倒的に悪くても 単純に怒鳴る怒鳴る怒鳴る。こちらがもうめんどくさくなるまで、無意味に不条理に声を荒げる。どうせ意味がないのなら、こちらも怒鳴って、発散させたほうがいい。そこには結論はどうせないのだから。カラオケと一緒だ、ストレス発散。路上カラオケだ。


 歴代の国家がこの中原を支配しても、結局この国を変えることは無かった。どの民族がこの国を支配しても、国が中国色に染まっていった。中国に交われば、中国色になる。中国と交わればうるさくなる。 のだろうか?
関連記事
[2009/10/30 12:16] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌-36「耐性と慣れ」 | ホーム | 上海日誌-34「世界は確実に近づいていて、」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/384-6ef490de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。