スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌-32「電動自転車」


誕生日の祝いに電動自転車を購入。1700元=約2万5000円。
中国電動自転車1


中国電動自転車2

昨日からタクシー代が高くなったこともあり、思い切って購入。自分の行動範囲を広げることと土地勘をつけるためもある。

この電動自転車は日本で言う電動アシスト自転車ではなく、まぁ電動スクーターといったほうがいい。スクーターと違うのはペダルがついていて、電気がなくなってもがんばって漕げば走れる。どちらかというと「人力アシスト電動スクーター」と言えばいいんだろうか。


中国電動自転車3

いやー、便利。5,6キロ圏内は無敵。

上海では非常に便利。もともと自転車大国であった中国だから、日本よりは自転車車道があるし、渋滞を横目にすり抜けていける。上海内部にはあまりガソリンを見ることはないし、スクーターほどスピードを出す必要もない。

このスクーターは時速35km、一応フル充電で50kmほど走れるということだ。日本ではどういう扱いになるのかはわからないが自宅で充電できるというエコアイテムが一般的になれば嬉しく思う。

しかし、充電には少し問題がある。取り付けられている充電器は重いのだ。女性やターゲットになりそうな中年女性にはちょっと持ち運びがきつい。充電器は家まで持ち運ばずに自転車にくっつけたままでも充電できる。しかし、困ったことに自転車が置ける場所には、まずコンセントは設置されていない。

そこで上海市に提案したい。巨大な人口を抱えても暮らせるエコロジーな町を目指すにはこの電動自転車は必須のアイテム。この普及や市民の利便性のために、市が充電ステーションを設けるべきなのではないか。たとえば駐輪場で1元払えば充電してくれる仕組みづくりなど、いくらでも可能だと思う。エコな町のためのツールが出てくれば、そのツールのための対応してくのがまちづくりだ。

 ただ、これから寒くなる季節。どこまで耐えられるかなぁ。
関連記事
[2009/10/17 16:59] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌-33「実はエコじゃなかった。電動自転車。」 | ホーム | 上海日誌-31「空に舞い上がれ!」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/379-3681b101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。