上海日誌-29「南京大虐殺の真実」
 転職する前に気分を切り替えるために南京へ。南京は歴史がながく、北京と同じように様々な年代の都市骨格や廟の年代レイヤーが重なって出来ている。孫文の廟(中山廟)や国民党の戦士のための廟など国民党時代の遺構も多く、現代に近い都市レイヤーも重なっている

 清時代の王朝制度を廃止、民衆のための国家を創ろうとした孫文は共産党の時代となっても尊敬されている。多くの人が、共産党の幹部でさえ孫文を讃えた。中国という国家を創るために尽力した人間に対する敬意だ。ただ面白いのは孫文と国民党が切り離せないという点。国民党は共産党の世にあっては悪であり抹殺されるべき集団である。中国的で面白いなと思うのは孫文を讃えながらも国民党の功労は認めないというようにしなければならないところだ。ここに歴史を語る矛盾がある。孫文の記念館や歴史を語るところでも周恩来はかろうじて出てきても決して蒋介石は出てこない。国家を分裂させた悪の親玉をヒーローにする訳にはいかない。

 ここが中国的なところ。


 南京に行きたいと思ったのは「南京大虐殺」をより良く知るため。悲しいことに日本では南京大虐殺を否定するような表現があるのも事実だ。一方で南京大虐殺は100万人とか200万人というような数字を誤認した中国人も多いのも事実だろう。逆に日本ではそのことばかりに焦点が行きがちだからこそその場にいきたいと思った。

 南京に着いてすぐに虐殺記念館へ。建築はモニュメント的に創られており、共感出来る設計。ランドスケープには南京大虐殺で亡くなった30万人への追悼が込められていた。

 内部の展示は実に詳細。南京大虐殺を生き残った人々の多くの証言が残され、事実の写真が残され、そして虐殺された遺体の骨がなによりも多くを語ってくれた。
 当時の日本人を肯定するつもりは全くない。ただ戦争でこのような状況が起こらない訳がない。日本人は戦争の過程の中で許しがたい過ちを侵した。しかし、認めなければいけないのは戦争は必ず人を狂気に向かわせる。日本も広島、長崎に原爆を落とされ、東京では第急襲で一般市民が虐殺された。狂気のない戦争などない。これは歴史が証明している。現代ですらそうである事をユーゴスラビア、グアンタナモ基地やイラクで人間は証明している。ましてはあの時代だ、狂気に走らない訳がない。私たちは戦争が二度と起こさないように声を上げることだ。

 きちんと事実と付き合わせた展示の検証は納得出来る内容だった。日本からも沢山の日本人や日本の小学生から慰問団が来ているようだ。施設には彼らが置いて行った沢山の千羽鶴が置かれている。中国の展示も日本人の悪行を説明しているだけではなく、途中途中には「歴史を正しく覚えよう。しかし、決して恨みを伝えてはならない」と標語がある。是には共感と感謝の念を覚える。

 と、こんな素晴らしい展示なのだが、最後は中国。きっちり落ちがある。

展示の最後の結びの言葉だ。

「このようなことが起こったのは残念でならない。しかし、これは国が弱ければ必ず蹂躙されるということを歴史は教えてくれる。ひっくり返った巣の卵が割れないことはない。だからこそ、国を愛し、団結して強い国を創らねばならない。・・・・etc」

 当たり前のことだけれども、日本人の感覚としては???となってしまう。日本でこの書き方をしたら大問題になるはずだ。きっと展示とは関係のないところでの誰かの意向が働いたのだとは思う。

こんな結びの言葉から、変わりつつある中国と変わっていない中国をきちんと理解しなければならない。


***
一方で、日本のサイトを見ると、、、
a3c279f0.gif
dd8d63b6.jpg
など、南京での日本軍が平和そうにしている風景もある。サッパリだ。戦争という状況が、全ての人間を変えてしまうということなのだろう。




追記
 庶民の感覚と国の体制というのは別の生き物だ。中国の方が培ってきた長い歴史と他民族との交流で生まれてきた大きな精神性、懐の深さは実に温かい。日本人的な狭量な意識が浅薄で恥ずかしくなるほどだ。
 旅をして様々な歴史を見て考えるのはどんな民族、国でも人間でも狂気へと向かうことがあるという事実だ。どの宗教であり、信心深い人も、常識で考えれれば殺人など恐ろしいことをできるわけもないのだが、自分のためではなく「なにか自分の所属している「もの」のために、」と相手を排除するという精神が狂気を生む。自分自身の気持ちが消えてしまった時に狂気は起こる。一人ひとりがその気持ちを忘れてはいけないのだと思う。中国で狂気に駆られていた日本人の意識、ヒトラーを信奉して虐殺を行ったドイツ人の意識、キリストのためと十字軍としてエルサレムに赴きアラブ人を虐殺した当時の人々。自分の意識が知らず知らずのうちにその傾向を持っていないか、もしくは自分の所属する何かが自分の意識を変えようと試みていないかを常にチェックすることが必要だと思う。

 最後の文章、思いつきで書いてしまったところもあり、説明が足りなかったと思う。消すべきかもしれないがあえて消さない。それは日本人もいろいろな場所で意識操作をされているからだ。それを意識するために。
関連記事
[2009/09/20 03:15] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌-30「世界最大のマスゲーム」 | ホーム | 上海日誌-28「世界で最も共産主義の似合わないこの国で。」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/376-bc290686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |