上海日誌-25「一時帰国に思う」
 それにしても日本は最高だ。
 帰国して花火、海、うまい飯にうまい酒。友達との集まりに、阿波踊り。全て百点。電車に乗ればきちんと並ぶし、エレベーターだって「開く」を押して先に降ろしてくれる。建築もそしてサービスも一流。中国ローソンのおばちゃんにお金を放り投げられている日常に対して日本ローソンの店員が両手を添えておつりを返してくれるときなどは「じ~ん」と感動してしまう。

 世界を旅していると日本の固さを思い出し、会社を辞めて日本を飛び出た全ての旅人も日本はもっと柔軟になるべきだと考えてしまうものだが、中国から帰国するとやっぱり日本っていいなと思ってしまう。
 日本で仕事をするときの度を過ぎた検討の手続きや煩雑さを思い出すとやり過ぎだと思う一方、中国のいい加減さもどうかと思う。日本は欧米と対比をしてきたが、実は日本の対極は中国なのかもしれない。
とすれば、世界の目指すべきスタンダードは日本と中国の真ん中にある。そう考えれば私の今の環境は日々いいヒントを与えてくれる。

 日常の中に次の世界を知るヒントがあると思えば、いつもの町歩きも仕
事での困難も楽しく思える(かも知れない)。

 P.S.阿波踊りは最高だ。古くからある世界に伝わる踊りは反復されたリズムと太鼓によるもの。これは精神をトリップさせるには十分な刺激なのだ。
関連記事
[2009/08/19 00:00] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<上海日誌-26「一年前のこの日、僕は確かにここにいた。」 | ホーム | 上海日誌-24「投資家は構造図を見てから投資せよ」>>
コメント
お久しぶり、帰って来てるんだ。
ってことは、とりあえず、お帰りなさい、だな。

俺は先週末から5日間、妻と夏休み旅行でマカオ・香港に行ってきたよ。
マカオはさておき、香港は上海とはまた違う中国の特別行政区だなぁって痛感しました。

そして、建物の密度は、これで良いのか?と思うくらいのギュウギュウ詰めの街。
文化を勉強できていない俺にはデザインとかそういったもののヒントは少ないけど、
なかなか面白い街で、また何かの機会があれば行ってみたい場所でした。
[2009/08/23 00:54] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
>K@KSK
つかの間の日本でしたが楽しみました。
冬に香港も行ってみましたが、やはりその密度には驚かされました。香港についてもそのときにブログに書いているので、一読を。
 
 ちなみに、政治的な理由(チベットを支援している情報源は削除)から、中国ではFACE BOOK が使えません。そちらに連絡をしていただいても返信出来ませんので、ご了解ください。
[2009/08/23 11:04] URL | HIROKI #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/370-9b51983e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |