スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌-24「投資家は構造図を見てから投資せよ」

 あいも変わらず中国は土地と建築のバブルが続いている。なにも中国自身によるものだけではなく、海外からのお金が流入しているからだ。日本からも多くの人が中国に投資をしているし、これからも検討をしているのだと思う。


 しかし、その投資のお金はどうして増えて、どこへ消えていくのか。実態を知っている投資家はどれくらいいるだろうか。中国のデベロッパーが建物を作るときに、予算がどのように目減りしていっているのか、建設にどれぐらいの能力のある人が関わっているのかそれを投資家は知る由もない。


 日本であれば建物を見て、立地条件や貸し床面積や、現在の収支を考えてファンドを組むことは可能だろう。日本の建築は信頼に足るからだ。しかし、中国でその考え方のまま進めると手痛い目に合うのではないだろうか。


 中国における建築が全て悪いわけではない。しかし、信用の置けない建築が多いのは事実だ。先月のマンションの倒壊、7月25日のテレビ等の倒壊。これは当然の結果だろう。
a.jpg

b.jpg
xin_55207062607492182341025[1]



いくつかの図面を見たが構造の考え方がまったく理解できない。無駄が多いし、芯がずれていたり、梁のクランクなど一体何を考えているのか。万が一上海で地震が起ころうものなら、ほぼ上海は壊滅するだろうし、そもそもこのまま温暖化が進めば上海は水没する。日本のお金がそんな街に投資されているのを理解して投資すべきだろう。


 ファンドを組むのであれば投資家は構造図を見るべきだろう。姉歯のマンションの件で構造がろくでもない建物には資産価値がまったくないことが誰もが理解しているはず。写真で観る上辺ばかりで判断せず、設備や構造がどうなっているのか、メンテナンスの方法がしっかり考えられているか、そんなことも当然確認しないといけない。(投資家が図面を読めるとも思えないし、先方がそんな図面を出すとも思えない)


 投資する対象に「実体」があるのか。海外でバブルを作り出し、勝ち逃げをしようとしている誰かがいるはず。今、当然甘い蜜を吸っている人がいる。そして、最後には多くの人が損をする。いつまで蜜を吸えるのか。そのターニングポイントはまさに時限爆弾。



僕には理解できない領域なのだけれども、狂乱は続いていく。

関連記事
[2009/07/26 18:34] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌-25「一時帰国に思う」 | ホーム | 上海日誌-23「世界がひっくり返った日」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/369-d38db5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。