上海日誌21「カーテンと夜景」
 中国人の家庭ではなぜなのだか、ほとんどカーテンをつけない。つけていても、閉じたりしない。昼は外が眺められるのかも知れないが、夜は外から丸見え。低層階の住宅であれば中で家の人が何しているかも分かる。高層のマンションでは下からは中の様子は伺えないが、天井につけられた照明が非常に目立つ。これが間接照明ならば夜景が落ち着くのだが住宅内から点的に光る照明はなんとなく全体の景観を壊してしまうように思う。思いもよらなかったが、カーテンが夜景に落ち着きをもたらしているのだなぁ、とタクシーからの夜景をみて、ふと思った。

ニューヨークの夜景の美しさについて
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/blog-entry-71.html#more

その他夜景について
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/?q=%CC%EB%B7%CA
関連記事
[2009/07/04 14:19] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<上海日誌22「地下駐車場」 | ホーム | 上海日誌-20「法令と街の景観」>>
コメント
香港もカーテンないですね。
ついでにベランダもないから、内から漏れる光は、いっそう強い。

だからこそ、あの、近未来の魔窟的な、
強烈な夜景が生まれていると思うので、

個人的にはNOカーテン&ダイレクト照明は「アリ」かな?
[2009/07/08 12:48] URL | buco #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/365-11c76625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |