上海日誌-19「建築の本が安い」

会社によく本屋さんがダンボール2箱いっぱいに建築の本を入れてもってくる。中国語の本もあるが、洋書も多い。建築の洋書雑誌として有名なA+Uやらelcloquisなどの本もある。
 これらの本は日本で買うと1冊1万円くらいするのだが、なぜか2000円以下で購入できる。シザやOMA、ヘルツウォーク&ドムーロンなど大量に購入。日本に帰るときは本を大量に郵送しなくてはならない。

ただ、これらの本。なんとなく紙質が本物と若干違うような気がするけれど、、、
関連記事
[2009/06/14 14:27] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌-20「法令と街の景観」 | ホーム | 上海日誌-18「模型模型模型CGCGCG」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/363-9dd3c74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |