スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
香港-4「看板都市」
 中華文化圏は文字文化である。看板というものに対する意識はことさら強かった。香港の道路の頭上を見上げると看板が所狭し覆っている。看板の洪水だ。この看板建物の表皮を覆うのではなく、道路と垂直に設置されているところが特徴的だ
SDC10064.jpg

 この看板自体にも特徴がある。写真とかマスコットなどの絵が描かれているのではなく、純粋に「文字」、つまり店の名前が書かれている。

 何故こんなにも看板文化が盛んになったのかを考えたときに、漢字が表意文字であることに思い当たる。表意文字であるからこそ、文字数が少なくてすむ。5文字6文字で店の名前を表現するなんて英語圏ではまず不可能だ。不可能だからこそ絵や色を付けて絵面の看板をつくろうとする。しかし、漢字は1文字が絵としての機能を持つ。
SDC10242.jpg



そんな理由も1つ挙げられるだろう。香港で看板文化が盛んなのは。

関連記事
[2009/02/17 23:39] | -香港 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<本が出ました。 | ホーム | 香港-2「香港高層集合住宅の形態」>>
コメント
香港-3 は?
[2009/02/18 12:45] URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/335-15e60432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。