スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
北京-13「北京公共交通事情」

 北京では2007年に1本、2008年に2本地下鉄が開通し、2009年に2本開通予定だ。2002年以前にはたった2本しかなかったのに今では10本になっている。日本で言うと銀座線と丸の内線しかなかったのが、毎年一つずつ日比谷線やら東西線が出来たようなもの。地上路線や相互乗り換えなど日本は特有な事情もある。しかし、その本数は営団地下鉄9本+都営地下鉄で北京と変わらなくなってしまった。要は北京の地下鉄はそれぐらい急ピッチに造られた。
 この背景には北京の急激な都市化がある。人が多く移動するようになったのだ。そして車社会化が一気に加速した。2000年には158万台であった車は2005年で258万台に急増した。5年間で100万台増えた。
 SDC18049.jpg
北京の交通網

 これに政府も迅速に対応している。現在でも北京市内では1日18503台のバスが593路線を走っている。当局は2010年までに公共交通機関の利用率を全移動の40%まで引き上げる計画を打ち出している。

 一方、以前述べたように北京は通常の歩行できる街からどんどん遠ざかっている。北京には十分自転車が復権できる都市骨格をもつ。交通政策の問題は結局住居政策に行き着く。北京中心地の地価を高騰させずに職住一体の都市を目指せるか、これは一つ鍵であると思う。

ちなみに東京都では1997年より自家用車は減少している。世帯あたり0.5台。所有していても利用している人はもっと少ないはずだ。改めて東京の公共交通がいかに優れているか感じさせてくれる。

SDC18051.jpg
北京の骨格がよくわかる。

関連記事

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2009/02/10 23:00] | -北京 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スケッチバックVer.3 | ホーム | 北京-12「CCTV炎上」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/331-f8dc6a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。