北京-6「中国の変な車」
 北京は皆が想像できるように広幅員道路を大量の自転車に乗った人民が移動するという過去が有った。しかし、今では自転車は主役ではなく車がその位置を占めている。自転車はちらほら見かけるものの決して多いわけではない。しかし、元々は自転車スケールで有ったのだ。今でも車がなければ平で走りやすい広幅員の道路が自転車を迎え入れてくれるだろう。

 中国には様々な車両がある。車やバスはもちろんの事
・荷物を運ぶ為のオート三輪車
・ 胡同に客(一人)を乗せて入って行く為のオート3輪(恐ろしく小さい)
 SDC18110.jpg
左端にある車

・ 荷物を運べる三輪車
SDC17746.jpg

・ 自転車
SDC17974.jpg
自転車専用道もつくられている箇所もある。

・ スクーター
・ 電動スクーター
100_7673.jpg
 小鳥というメーカーが多い。音なく近づくので結構危ない。

・ 自転車ベースに改造したスクーター
・ スクーターのような自転車
等々、

一見「なにこれ?」と悩むような車両が往来するのだ。4輪車以外の車両が復権して、活躍する事で北京は北京の本来持つ都市骨格の力をより発揮できるのではないだろうか。
 余談になるが中国の西方を旅していた身としてはロバが往来していない都市をみるのは久しぶりで、なにか逆説的な驚きを覚えた。

その他の車
100_7901.jpg
三輪トラクター型乗り合いバス(チベットにて)

100_7700.jpg
三輪スクーター型乗り合いバス(トルファンにて)

関連記事

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

[2009/02/05 14:05] | -北京 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<北京-7「色のない北京」 | ホーム | 北京-5「中国のサービス」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/324-ff65af2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |