世界を眺める視点
国を考えるにあたって最も重要な要素は

人口と国土だ。

日本は大きい。狭い日本というがあくまで中国やアメリカと比べてのことだ。色のついた世界地図で見てみると日本が意外と大きいことがわかる。そして国土の多くが人が住むことができ、農耕を営むことが出来る。肥沃な大地を持っている。


そして人口、日本の人口比率こそ歪つだが、それでも一億2000万人という人口を日本は持っている。世界の60人に一人は日本人ということ。それはものすごいパワーを持つ。経済を考えても大きな国内市場が広がっていることを意味する。

国を俯瞰するのに、他に経済や交通利便、民族比率、宗教、歴史、国家対立、、、、いろいろな要素が挙げられる。しかし、重要なのは人口と国土だろう。

現在、パキスタン。
この国は異常な人口爆発の中にある。国土はそれに耐えられるだろうか。

現在パキスタンの人口は1億6000万人を超えている。
国連の推計では2050年には約3億5千万人にまで増加。約2億9千万人のインドネシアを抜き、米国に次ぐ世界第4位の人口大国となるといわれている。

中国の一人っ子政策は、批判もあるが確かに効果があった。
パキスタンは全て後手に回っている。インドもそうだ。インドは20年後には世界で最も人口の多い国になる。

人口は国の力でもあるが、食わせられなければ貧困を増すのみ。

経済は確かに重要。しかし、

地に足をつけて旅をすると『適正な国土、適正な人口。』の方が重要だと感じる。
関連記事
[2008/09/18 23:54] | beer | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<深い眼のカラーシュ族 | ホーム | インド式強制ダイエット>>
コメント
どうも、イスラエル→ヨルダンで一緒だったかつです。
こっちは今はイスタンブールですよ。

インドは何となく分かるんですけど
パキスタンもそんなに人口が増えているんですね。
それは知らなかったです。
確かにこれからの食料のことを考えると
何か政策をしないとあぶないですね。日本もですけど。
[2008/09/19 16:37] URL | かつ #- [ 編集 ]
>かつ
おお!イスタンブールに着いたかー。そろそろ旅も終わりだね。
いい旅できた!?

今はツリーに泊まっているのかな。いまだに面子は変わっていないのだろうか。

今まではハイペースで旅していたけれども、アジアに来ると無理だね。
かなりのんびりすることになるよ。時間の流れも緩やかだ。

また。
[2008/09/19 17:36] URL | HIROKI #- [ 編集 ]
2月にイエローナイフで会ったRieです!
いろいろあっても、ポジティブに旅を続けるロッキー、すごいね!
ロッキーのブログでまだ行ったことのない国を知ることができて面白いです。
私は今モントリオールに住んでるよ。
冬にまたどこかでオーロラ見られるよう、
それまで英語の勉強がんばります☆
[2008/09/20 12:12] URL | rie #- [ 編集 ]
>rieさん

いやー、懐かしい。私は運良く見れましたが、
りえさんはあの時はオーロラが見れず残念でしたね。

ただ、モントリオールに住んでいるというなら、必ず今年の冬は見ることができますね。それも僕が見たことの無い、オーロラのエキスプロージョンも。

見てみたい。世界はいろいろと神秘なことがまだまだあるようで、その光景を見ることができるんだろうかと常に思ってます。

そして旅をするほど、行きたい場所が増えてくる。

帰国したらご連絡を!
[2008/09/26 01:07] URL | hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/292-cbcf8aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |