スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080623]Vals → Zermatt

スイスにはグレイシャー急行という有名な登山電車がある。美しい山岳地帯を駆け抜ける路線だ。「急行」というからにはもちろん鈍行もある。もちろん私はその2等に乗り、4度乗り換えてツェルマットへ。ただ2等といっても窓の上部が半分以上開く。実に快適な景色を見られる。体が外に乗り出せる分グレイシャー急行より良いのではと勝手に思う。

 車窓からの景色は素晴らしい。ハイキングとほぼ同じ景観を車窓から眺めることが出来る。美しい緑、水、空、山に求めるものが揃っている。点在するスイスの住宅もいい。現代になってもスイスらしい住宅を保っているのはスイス人の誇りによるものなのではないだろうか。


 道中幾つかトンネルをくぐる。これが美しい。景観に実に配慮されている。
例えばこのトンネル。
s-100_5415.jpg



出来る限り山の斜面に合わせてトンネルの屋根を作り、柱も凹凸をつけることでその表情を消そうと試みている。山が主役であり、トンネルはそれを阻害しないようにデザインされている。

日本でトンネルが造られるとする。多くの場合、地元名産の絵や彫刻が地元のアーティストと呼ばれる人々によって取りつけられる。これは本来目指すべきデザインではない。これが出来てしまうのはゼネコンの所長さんが悪いわけではもちろんない。何処かから誰からか要請されるのだ。(きっと)
「地元名産、地元の・・・」というのは殆んど宗教に近い。デザインのよりどころがないがために、それを信仰して(直球的なデザインで)作ってしまっているのではないか。これは形而上の形、例えばディズニーのシンデレラ城を見て喜ぶ精神構造となんらかわらない。善良な人々が良かれと思って、形而上のデザインを作るのは悲しいことだ。
どの段階でこのデザインが決定されるかは実際のところわからない。しかし、地元議員と呼ばれる人々はきちんと国費を使って良い事例を学んできて欲しい。

まだ、トンネルの話はマシな方だ。橋を作るとき川の形而上の色である青に塗るなんてこともある。人工的な「青」と山の美しい「緑」が調和するわけがない。この一方で東大の篠原教授など素晴らしい土木デザインを作り出している人もいる。誰かがきちんと旗を振れば、公共デザインは必ず良い方向に向かうのだと思う。

 明日はトレッキング。カメラの三脚が山岳ストックになってくれればよいのにと思う。どこかの会社が作ってくれないものか。ほとんど売れないと思うが。

関連記事
[2008/06/23 04:35] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<[080624]Zermatt | ホーム | [080622]Zurich → Chur → Sumvitg → Vals>>
コメント
こんにちは。ズントー廻られたのですね。
もしジュラ地方に行くのでしたら、Renato Salvi(Delemontという小さな町の渋くて素敵な建築家です)の高速道路のトンネルを観られるといいと思います。
http://www.salvi-archi.ch/grands_ouvrages/a16-s3/
[2008/06/24 08:03] URL | K.Kitagawa #Pfs7STxU [ 編集 ]
>Kitagawaさん
 ありがとうございます。帰国されたのですね。偶然の出会いでしたが、今後も何かの機会にいろいろと学ばせてください。

 紹介してくれたトンネルは素晴らしい設計ですね。場所がいまいち分からないのですが、いけるようならば何とか行ってみたいと思います。

  いい写真を撮るのは大変ですね。Photoshopという逃げ道がある現代っ子はつい怠けてしまいます。
[2008/06/25 03:34] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
元気そうで何より。

ストック兼一脚ってのはあるよ。
http://www.greenlife.co.jp/item/pole/tt-tpodgo.html
とか
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF-SLIK-%E4%B8%80%E8%84%9A-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF4/dp/B0001DQKS2/
とか。
ただ、専用のストックに比べると重いね。
まぁ、カメラ用だし仕方がないか。
別個に持つよりは軽いし、邪魔にもならないし。

不便に感じることは誰かが解決してるもんですな。
想像できることはすべて可能だ!と言いますか。

Gute Reise.
[2008/06/29 14:39] URL | のぶ #- [ 編集 ]
>のぶ
すごい。
たしかに、大体思うことは誰かがやっているもんだよね。
びっくりした。買って来ればよかった。

情報ありがとう。
[2008/06/30 06:57] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/205-e57be22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。