スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080622]Zurich → Chur → Sumvitg → Vals
 結局、チューリッヒでは何もしなかった。旅の疲れはピークに達しているが一路東へ。今日はペーター・ズント-ル(Peter Zumthor)のための一日。

 Churではローマ遺跡のためのシェルター(Protective Structure for Roman Ruins)を見学。建物の内外で全く空間性が変わる。外部は黒く、色も光を持たない存在であるのに対し、内部はスリットからこぼれる光が黄色を帯びる。天井に付けられたコールテン鋼の開口部からは青い光が落ちていた。
s-DSC_0347.jpg


この建物の形態で通常の外壁や素材を使えば無味乾燥な空間になる。しかし、彼は全体を律する単純な操作をもって格別な空間を提供してくれる。予算もそんなにかかっていないだろう。惜しむらくは、見学者が外から内部を覗けるように道路沿いに大きな開口部を設けている。そこもスリット壁面とした方が良いだろうが無茶な相談だ。(内部に入るにはツーリストインフォメーションで鍵を借りて入る。)

 Sumvitgへ。山の上にある聖ベネディクト教会(Saint Benedict Chapel)を見学。
s-DSC_0396.jpg


外部の表情が遠目と近くではまるで違う。木片で出来た外壁は近隣の住宅にも見られるが、曲面のせいか違う素材のようである。
建物の敷地をズントール自身が選んだそうだ。立地も素晴らしい。この牧歌的な場所で木の葉状のプランはシンプルだ。しかし、ディティールの妙があり、素朴さよりも洗練さを感じてしまう。
 ここへはほぼハイキング気分で来なければ辿り着けない。

Vals Thermal Bathへ。ここは完璧な建物だった。地元の材料の片磨岩(へんまがんを薄く切断し(壁面は20,40,60mm程度をミックス)積層化させている。片磨岩はクウォーツのような感じで地元の住宅屋根にも使われている。

s-DSC_0441.jpg

 内部の空間性も素晴らしい。プールに入ったまま内外を行き来できるようにした動線。外部の景観をピクチャレスに取り込むようにした開口部。暗いサウナの中、天井から落とされるスポットライト。ベットに横たわりながら現代ヒーリング音楽を出来る部屋。石のボックス内の小部屋はもはや瞑想の場と呼ぶべきものになっている。天井から光を落とすスリットも全体のボリュームを消してくれる。

s-DSC_0458.jpg


s-DSC_0454.jpg

 ズントール建築の何より素晴らしいところは周辺環境、ゲニウス・ロキ(土地の精霊)との調和にある。テルメ・バルスの敷地も決して周辺が全て草原というわけではなく、マンションのような建物もある。彼は外部の景色が悪いところには部屋を設け、開口部を制限し、それに合わせてリラックスチェアの角度も考慮している。(開口部の角度すら考慮している)。外部との調和、現地の素材、考え方を利用した建築は何とも言えない心地よさを感じさせてくれる。
 
 温泉に付属するホテルにて宿泊。久しぶりにシングル、それもスイスのホテル。完璧な部屋と温泉でリラックスできた。疲れていると思考が鈍る。

本日のスペイン対イタリアは実にいい試合だった。
関連記事
[2008/06/22 04:34] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<[080623]Vals → Zermatt | ホーム | [080621]Basel>>
コメント
おぉ、ズントーいいなぁ。
バルス行きたいな。

ところで、スイス人といったら、ユングを思い浮かべるのだが、
スイスには精神世界を深く突き詰める事ができる環境があるのかい?
[2008/06/29 23:51] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
うむ。スイスに行ったからといって私は哲学的なことは考えられないのです。ユングが生まれた理由もわからんです。しかし、スペインやイタリアでは哲学が生まれにくいのではないかなという気がします。精神世界に入るには、心地の良い散歩道が必要なんでないでしょうか。ゲーテも自然に傾倒していたのを考えるとそうかもしれない。なにより、スイスには山があるのです。なんちゃって。

バルスはいい。
[2008/07/01 05:50] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/204-23fb211e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。