[080615]Ferrara
 フェラーラは城壁に囲まれた世界遺産の都市だ。トスカーナ地方の城砦都市とは違い、平地にある。都市の拡張もしやすく、道の設計もしやすい条件下にある。近代になって再開発されやすい状況の中、丁寧に街の発展を制御している。
 城郭都市はその時代の防衛基準に沿って作られる。その時代の武器(火薬)や城攻めの仕方、篭城に耐える食料・水の確保等が防衛基準だ。都市形態を理解するにはその辺まで理解しないとならない。本当に都市や建築というのは奥深い分野だ。死ぬまでに少しは理解できるようになるだろうか。


 街を歩くと都市計画がきちんと機能していることが感じられる。車の制限や案内板、ゴミの分別処理など、きちんと整備されている。

特に都市計画が機能していると感じるのはフェラーラがイタリアには珍しい自転車の街だからだ。
中心市街地には車やスクーターはほとんど存在せず、自転車にのったイタリア人が石畳の上を漕いでいる。

s-100_5315.jpg


これは平地であることに加え、厳しい交通制限と城壁外に駐車する原則(駐車場が整備されている)が自転車が主要交通になっている理由だろう。また、城壁外にはグリーンベルトのように公園地帯が整備されている。

さすがはチェッカレーリ大先生のお膝元である。実際のところはどうか分からないが、有名な大学教授のお膝元だから都市計画がしっかりすることが日本であるだろうか。田中角栄元総理のお膝元ぐらいしか実現していないだろう。
関連記事
[2008/06/15 02:52] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[080616]Ferrara → Venezia → Palmanova → Trieste | ホーム | [080614]Firenze → Siena → Ferrara>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/196-d453e718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |