[旅コラム]世界遺産登録 

 世界遺産に登録されるといいことがあるか?という議論が出た。世界遺産に登録されようと日本各地躍起になっている。石見銀山も相当世界遺産に登録する前には大分苦労したようだ。

世界遺産登録の反対意見はこうだ。世界遺産登録されたことによって観光客が増えて、みやげ物屋なども増え、人もスレてその場所の雰囲気を壊してしまうという意見である。
確かにそれは一理ある。多くの旅行者(ないし旅行斡旋業者)は世界遺産偏重主義があるので多くの人間が世界遺産という名前に惹かれてしまう。実際に、のどかな漁村だった場所が世界遺産となって雰囲気が台無しになってしまった場所もある。

ただ、果たして世界遺産は必要ないのか。

そんなことはないと思う。特に経済的に支援が必要な遺跡は多い。そして、ユネスコの支援が世界遺産に登録されることによってより多く得られる。観光客の落とす入場料もそれに寄与するだろう。ただ、一方で単にお金が入れば、地元が潤えばよいというのではないと思う。
いかに遺跡の環境を保つかを、地元の方に知ってもらう仕事も重要になる。環境を保つことによって、いつまでも観光が続く場所になることを知ってもらわねばならない。
 町全体が世界遺産に登録されている場合、街の中にある住宅も世界遺産の一部だ。住民は世界遺産に住むことになる。このような場合、建物の環境をいかに担保していくか、住民への教育と及び経済的な支援が求められる。ユネスコがどこまで関与しているのかわからない。
ただ、ベトナムの世界遺産の都市フエでユネスコの協力を得て都市研究をしていた経験から言うと、ユネスコという世界的な後ろ盾が内部で活動する学者や計画者にとって重要だ。

よって、世界遺産の登録は必要とされる。これからもどんどん世界遺産は増えていく。世界遺産に登録される前からの環境担保のプログラムを発動してもらえることを期待したい。
関連記事
[2008/06/06 18:33] | 旅コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[080607] Dubrovnik → Kotor → Budva | ホーム | [080606] Dubrovnik>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/187-16e61ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |