スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080606] Dubrovnik
 ドブロヴニクを後背のスルジ山から眺めた。かつてロープウェイがあったが旧ユーゴ軍に破壊されてしまっている。ドブロヴニクもクロアチア独立戦争時に多大な被害を受けた。今でこそ街中は復興しているように見えるが、山頂にある荒廃した山頂駅と若い青年の墓によって戦争を眼前に突きつけられる。

 結局、山頂に3時間ほどいた。拵えたサンドイッチとビールを持ち、のんびりと過ごした。本を読んでは、美しいアドリア海の真珠と呼ばれる街を眺める。高台からの眺めは実に絵になる。(絵にするのは大変なのだが)。本から目を離して景色を見るたびにハッとさせられる。

s-100_5068.jpg


感動は持続しないものであると思う。しばらくすると視覚的な感動は薄れていく。はじめの新鮮な感動を味あわないうちに写真をとるのは感動を逃すような気がする。感動しているときはしばし感動を楽しみ、感動が薄らいでから写真をとればよい。
 感動は持続しないが、再感動できるものでもある。今日、本を読んでは景色に感動することを繰り返してそう思った。

 ※ドブロヴニクは映画「魔女の宅急便」の舞台になっているそうです。興味のある方はDVDで見返して観てください。


 アドリア海は青い。深い群青色をしている。丸石のビーチから海に入ると青の中を泳いでいる気持ちになる。こんなにも青く美しいのは海中にプランクトンが少ないからだ。これは以前エーゲ海をクルーズしているときに海洋学者の方に聞いた。ビーチには海草もなく、魚もいない。意外と魚は高価だったりもする。

 のんびりとした一日だった。スパゲッティの作成分量は常に間違える。
関連記事
[2008/06/06 18:06] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<[旅コラム]世界遺産登録  | ホーム | [080605] Split → Mostar → Dubrovnik>>
コメント
素敵な眺めですね。先週仕事で中国のとある町へ行きましたが、今の中国では、こんな澄んだ景色はなかなか見られません。羨ましいです。
ちなみに私は今晩パスタでしたが、やはり茹でる分量が多過ぎました。
おなか一杯です。
[2008/06/09 23:25] URL | aya-climat #- [ 編集 ]
>Ayaさん
そうなんです。パスタはあんなに少なくても、細くても、めちゃくちゃ膨らむんですよね。ご飯もそうなのですが、目分量でやると大体作りすぎます。

 アドリア階は蒼いです。
[2008/06/11 06:26] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/186-10d8db92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。