スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080531] Budapest
中欧に入ってから外壁にトラバーチンを使っている住宅を多く見かける。

s-100_4869.jpg


新しいトラバーチンもいいが古い住宅ではだんだんと色味が抜けると共に黒ずんで歴史を感じさせる。年月を経たトラバーチンの外壁が街を落ち着かせてくれる。街並みにとっても必要とされる外壁といえる。日本だと黒ずんでいくためトラバーチンは敬遠されるが、街並みに寄与する年輪という考え方もあるのだなと思う。


 ブタペストは川を挟んでブタとペストに別れている。ウィーンやプラハの都市と比べるとペストはおしゃれに取り澄まされていない。確かに壁の漆喰が剥げているなどメンテナンスが行き届いていない建物もある。しかし、洗濯物が干されているなど人が生き生きと生活している印象を受ける。生活感のある街では自分も街の一員になれる気がする。
 プラハでは建物の頂部デザインがそれぞれ主張していると書いた。ブタペストでもドナウ川沿いはウィーンのように建物の主張が激しい。しかし、川から離れたペストでは高さもある程度揃い、屋根にも特徴を持たせず、庇の高さがある程度揃っている。街に全体性を感じることが出来る。


s-100_4878.jpg

※ドナウ川越しの夕焼け

 イムレ・マコヴェッツの葬祭場を見にファルカシュート墓地へ。探訪する旅をしていると実に各地でたくさんの墓地を巡ることになる。アルゼンチンのレコレッタ墓地。カイロの死者の街等。世界の墓地の形態は本当に多様だ。宗教が同じでも形態が異なるのは地域それぞれの民族的な慣習が「死」という最も原始的な出来事に強く反映されるからだろう。

s-DSC_8719.jpg


見学しにいった建築のドアは開いていなかった。
こんなことで諦めることは出来ない。マジャール語でさまざまな人と交渉した。この出来事を通じてハンガリー、東欧の国民性を垣間見ることが出来た。

セキュリティの人にお願いする。セキュリティの小屋に鍵があるのだ。5分だけでも見せてもらえないかと懇願する。ここまでわざわざ日本から来ているのだ。


ドアが開ける責任ないならば、ボスと話をしてくれるように頼んだ。交渉の末、電話してもらったがなしの礫だった。ボスは職場にはいない。電話先で彼は釣りを楽しんでいるとのことだった。そんな緊張感が伝わらないところでは私の強い意志は伝わりようがない。

 ボスに直接話せないかお願いしたが、セキュリティから室内の写真を撮って後日E-mailで送るから勘弁して欲しいとのこと。そこまで言われたら仕方がない、諦めた。

ハンガリーは職務に絶対服従、買収にも応じそうにない。いい国といえばいいのだが、ラテンの国々、西ヨーロッパとは違う体制を感じることが出来た。お堅い東欧の厳格な命令系統だ。



ブタ側の斜面に立つ一軒家の庇の下にハンガリーの民族芸術に見られる古代模様を見ることが出来る。鉄のフレームにもつけられている。この文様はイムレ・マコヴェッツ設計の教会にも引用されているとのことだ。マジャール文化に深く根ざした文様らしい。

s-DSC_8732.jpg


 文様のデザインを重要視する地域には刺繍文化が強く根ざしている。モロッコのベルベル人住居と刺繍然りだ。これらの関係性は文様の意味性や自然信仰(ないし多神教)を示唆していると思う。これを生み出した背景は何か。これから世界を旅する中で見出したいと思う。



s-DSC_8695.jpg
関連記事
[2008/05/31 03:02] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<[080601] Budapest | ホーム | [080530] Spisske Phodhradie → Kosice → Budapest>>
コメント
お久しぶり。

石灰岩系の石材は、柔らかいから加工がしやすいという点が
メリットでありデメリットであるよね。

それはそうと「街並みに寄与する年輪」って表現、なかなか良いね。
[2008/06/04 18:43] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
>Kakskさん
お久しぶりです。 確かに日本だと使い勝手が悪いといえるかもしれませんが、まぁ、味という観念が日本にはあったはず。。いつからなくなってしまったのでしょうか。
[2008/06/06 02:04] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/179-d9357edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。