スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080519] Marrakech→Casablanca
 ハマムへ入ってモロッコでの垢を落とす。日本人にとっての銭湯のようなものだ。通常家にシャワーを持たないモロッコ人は週に一度くらい入って垢を落とすようだ。
s-100_4679.jpg


ただ、トルコのハマムのほうが間違いなく洗練されている。元々風呂に入る習慣にない地域にアラブの習慣を持ち込んできたように感じた。トルコはなんだかんだいってもアジアのセンスをも持っている。

 本当はマラケシュからフライトを取るつもりでいた。EasyjetやRyanairなど異常とも思えるぐらい安い。例えばカサブランカからマドリッドまで約6000円で飛んでいる。そこまでバスと船と電車で15時間程度15000円ほどかかる距離がこの値段だ。最も安い交通手段はもはや飛行機になりつつある。10€でスペインからイギリスまでいけるような世界だ。ユーロ圏になってお金が統一され、人の行き来は自由になった。そして格安航空券によってヨーロッパに距離の関係がなくなった。こうなるとユーロは本当に一体になる。間違いなくユーロはこれからも値上がりしていくように思う。
 日本もアジアと文化交流や本当にパートナーシップを望むならば、シンポジウムや政府の対談や交換留学制度など回りくどいことをせずにアジア版のEasyJetを作ってしまえばいい。日本から韓国、タイに5000円ぐらいでいけるとなったら若者はどんどんアジアに出て行くだろう。多くの人が動くことが何よりも大事だ。人が動けばお互いの都市が活発になる。特に25歳以下を優遇すべきだろう。これはアジアにとっていい結果をもたらすと思う。


結局、私は電車で移動することにした。世界一周券を使い切りたかったのとカサブランカを見るためだ。マラケシュへの車窓からモロッコに点在する村々を眺めることが出来た。オリーブ畑に囲まれた小さな集落は土色をしていて風景に同化していた。モスクのミナレットだけが白く塗られている。風景と調和する地域色というのは地元の土色が基本だと色彩環境で学んだことがある。実際に私が仕事でお世話になっていた環境色彩の事務所では世界中の土を集めていた。(私も世界各地で集めてくるように依頼されたが、税関で引っかかりそうだったので申し訳なくお断りしてしまった。)モロッコでは調和色といった代物ではなく、その土地の土が直接素材に使われている。マラケシュの赤い土なら赤い色、他の地方であれば少し黄色がかかった色の街並みが出来ている。素朴だが環境調和色という意味合いで言えば、泥で出来た建築は最高の事例といえる。

マラケシュではモロッコ特有のトラブルによって大荷物を持ちながらの市内観光をした。
モロッコは世界の燐灰石の約3分の2を所有している。燐は様々な化学品にとって重要な成分であり、そのお金が専制君主を支え、この腐敗した体制を続けている。
「ピラミッドやブルーモスクみたいな歴史的な建造物が現代で作れるだろうか。」という話をすることがあるだろう。しかし、作れる作れない以前に天文学的な金がかかる。前国王はそれをやった。国費を使い、国民に多大な税金を課し、巨大なモスクを作った。それがハッサン2世モスクだ。

s-100_4670.jpg


しかも建築デザイン的にあまり良いとは思えない。これはなぜなのだろうか。現代の粋を集めて過去に縛られた建築をしたことが原因なのだろうか。それとも単純に歴史あるものに人は敬意を払ってしまうからこそ、ブルーモスクなどに比べて見劣りしてしまうのだろうか。
このなんとも言えない空しさはコートボジアールにウフニ・ボワニによって作られたローマのサンピエトロ寺院のレプリカと一緒かもしれない。

 現国王の体制も結局同じことだ。世界の歴史で世襲制がうまくいった試しなどない。ただ彼は少なくとも一つ良いことをした。モロッコを観光立国にしようと悪質なガイドを徹底的に取り締まった。おかげで少しは旅しやすくなった。しかし、街中で彼の写真が看板に張られている。やはり異常であると感じない国はどこか狂っていることを気づいていない。彼の顔写真はお札にも使われている。
関連記事
[2008/05/19 17:14] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[建築コラム]石の文化と木の文化 | ホーム | [080518] Marrakech>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/161-d2388411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。