スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080514]Melzouga
リッサニからグランタクシーで予約しておいたホテルへ。グランタクシーは6人乗りのタクシーを指す。なんてことはない。普通のセダンに前と後ろに3人ずつ詰め込んで走る乗り合いタクシーだ。ギュウギュウの車内だがモロッコでは非常に サハラ砂漠へ。

 村からすぐのところに大砂丘が見える。人が住める場所から歩いていける大砂丘がある場所は世界に他にないだろう。素晴らしい場所だ。建物もベルベル人の住居形式だ。初めて見る私にとっては印象深い形態である。歴史家いまは建築家として高名な藤森照信さんもベルベル式住居をモチーフに長野に守屋美術館(名前は再確認)を作っている。去年見学したあの形態はここから来ていたのかと一人で納得。建築家はいい意味で世界中からデザインを盗んでくる。実に参考になる。

s-100_4632.jpg



 この村には砂丘の他には何もない。昼間は暑く、何も出来る環境ではない。宿にいた日本人といろいろな話をする。この時期この場所にいるような日本人は実に旅行経験が豊富だ。私以外、全員首絞め強盗にあった経験のある方々だった。短期の観光の方に世界一周旅行をしていると話すと驚かれ、どうしても自分の話が多くなるが長期旅行者は実に話が早い。お互いの旅行で良かったところを語らい、お互いの行きたい旅行先リストが増えていく。旅のルートに関してもアドバイスをいただいた。感謝。

 旅行者と話していてやはりモロッコ人は疲れるという話をしていた。特に女性だとそうなのだと思う。声を掛けられて、少しでも返事をしてしまうと変な男にシツコク付きまとわれてしまうらしい。男性であれば、多少面倒でも挨拶し返せるが難しいのだろう。実際、私も物売りにしつこく付きまとわれると正直イライラするときもある。お金を1DHくれとイキナリいわれて断便利な交通手段であるということだ。電車もなく、バスも少ない南部地域では利用頻度は高くなるだろう。

ると子供に罵声を浴びせられることもある。そうやって心は擦れていく。けれど、挨拶を無視するような人間にはなりたくない。なんだかんだいってもモロッコは親日の国だ。(すくなくとも最初は)気持ちいい挨拶には笑顔で返し続けたい。

 夕方、歩いて大砂丘へ。実に美しい光景だった。

s-100_4637.jpg



いままで大砂丘はペルーのイカというところで見たことがあるだけだった(そこも良かったが規模が小さい)。サハラ砂漠は広大に広がっている。砂漠の風紋が旅情を掻き立てる。実に美しい風景だった。
関連記事

テーマ:海外、国内、一人旅 - ジャンル:旅行

[2008/05/14 20:41] |  -モロッコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[旅コラム]イスラム人の逆鱗 | ホーム | [080513]Fez>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/155-48a17800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。