[080508]Valencia
 構造の魔術師カラトラヴァの新作を見るため一路ヴァレンシアへ。 雨の中、カラトラヴァの設計群となっている場所へ。オペラハウス、ミュージアム、水族館などを見学する。

s-100_4466.jpg



構造的な美しさ、今にも動き出すような構造スタイルには驚かされる。彼の造形は身体への興味から来ているように思う。体の筋肉、骨格のデザインからこの三次元曲面の造詣が生まれているのではないだろうか。構造が3次元的に成り立っているので、非常にスケッチするのが難しい。ただ、スケッチするとその構造が少しは分かってくる。ただ、もっと構造の勉強をしなくてはこの時代についていけそうにない。
s-100_4446.jpg


 彼の作品は確かにすごい。しかし、若干プログラムと建築との間に疑問がある。例えば科学技術ミュージアムはあの巨大なガランドウを作る必要があったのかは不明。中のプログラムとは完全には一致していないように思える。ただ、あのようなランドマーク性と後から内部を変更できる自由度は粗大ゴミには決してならない建築だといえる。バレンシア出身の彼に全ての設計を託した市の決定も天晴れだ。

 街には他にも幾つか彼の作品が点在している。
s-100_4471.jpg



夜行でコルドバへ。
関連記事
[2008/05/08 02:35] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[080509]Cordoba→Algeciras | ホーム | [080507] Madrid>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/146-1ceea248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |