スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080423] Sao Paolo
 夜行バスでサンパウロへ到着。日本人街に宿を取る。日本人街は世界でロサンジェルスとサンパウロしか存在しない。しかし、ロサンジェルスはその分散的な都市骨格のせいか最早日本人街とはいえないと感じている。となると、サンパウロは世界唯一の日本人街といえるかもしれない。ラーメンも人造ラーメンではなく天然ものだ。日本人街、万歳。
s-100_4036.jpg




 ただ、日本人街の常ではあるが、だんだんと華僑に侵食されつつあるのではないだろうか。貴重な街並みであるだけに少し心配である。

 また、サンパウロではマンションの周囲は鉄柵で囲まれ、ガードマンがいる。住区の入り口は門で閉鎖されているところもあった。

s-100_4033.jpg


こういった住区もあるのだ。日本でもカメラを住宅地に取り入れるところもある。こういった閉鎖型住宅地もそのうち出来てくるのではないか。


 サンパウロに来た目的はこれまたオスカー・ニーマイヤーのラテンアメリカ記念公園を見るためである。その大きさ、形態が本当に必要なのかはわからないが実に心に残る建築であった。


 
 サンパウロ近代美術館へ。非常にダイナミックかつストレートな建築である。ピロティが70Mも飛ばされている。日本では不可能だろう。丹下先生もびっくりである。そして、なによりピロティを作る必要が全くない。景観を作り出しているわけでも、広場を作りたいわけでもない。おまけに2,3階展示室から地下展示室に移動するのに全員EVを使わなければならない。なんのためのピロティだか分からない。しかし、心にガツンと来る形態だった。

s-100_4096.jpg

関連記事
[2008/04/23 08:27] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<[080424] Sao Paolo | ホーム | [旅コラム]時計を持たない大人達>>
コメント
写真撮影には気をつけろよ。
大連のときの俺のようにならないように。

それにしても70m飛ばしてるのってほんとすごいな。
でも確かに君の言う通り、動線計画的には・・・・なところがあるな。
[2008/04/27 23:19] URL | KSK #- [ 編集 ]
>KSK
こちらには公安はいません。南米では警官がいたほうが安心できますよ。


こちらのデザインは一筆書き出来るところがステキですね。建築がランドマークになります。
[2008/04/29 06:52] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/126-126dbc65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。