[都市コラム]都市計画家の歩き方2

街での歩き方を以前書いたが、中米や南米などのグリッド形状の都市を歩くときにはもう一つルールがある。それはジグザグに歩くこと。ジグザグに曲がりながら歩くことでいろいろな通りの景色を見ることが出来る。骨格をよく理解していない都市でも実行するので、たまに道に迷ってしまう。

例えば「A通りを3ブロックまっすぐ進んだ後、右に曲がりB通りを5ブロック行けば目的地に着くよ」と教えてもらう。しかし、これをジグザグと楽しそうなものを探しながら歩くと、結局道のりが分からなくなってしまうものだ。実に建築家ルールはメンドクサイ。

尊敬する吉阪隆正先生は、街をいろいろな角度から見るためにカニ歩きしたり、後ろ向きで歩くことを学生に推奨された。実にへんてこな歩き方のルールがあるものだ。
関連記事
[2008/04/16 02:48] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[080416] Puerto Natales → El Calafate | ホーム | [080415]Torres del paine national park(fifth day)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/114-9b3d9ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |