スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080414]Torres del paine national park(fourth day)
 今日は最も長い日になる。暗がりの中から出発だ。天候も良く、歩いていて気持ちがいい。景色も美しい。我が人生最高のトレッキングだ。

 予定よりも早くルートを越えていく。雪の中を掻き分けて最終キャンプ地へ。雪が降り積もる中のキャンプ設営。時間はまだ3時半。キャンプ地から45分のところにあるトレス・デル・パイネの展望所までに間に合うかもしれない。
 朝から9時間歩き続けているにも関わらず心が躍る。

「待っていろ!お前を見るため4日間も歩き続けてきたのだ!」

 急な坂道、周りは雪と岩だけだ。足を滑らせながらも、体は前に進んでいく。

s-100_3786.jpg



「あぁ、もう少しだ。」

 辿り着いて見上げる3本の岩峰は静かに大きくその存在を示していた。ついにやり遂げた。この旅でこんなにも達成感を感じたことはあっただろうか。ただ美しいものをみて感動するのではなく、自分で獲得する景色だ。長い間忘れていた達成感だ。自分が設計に関わった竣工物件を見たときの感動には遠く及ばないが、人生には時々達成感が必要だ。達成感の無い仕事、人生など考えられない。出会った旅人と交換した本の中に中島らも氏の本があった。彼のエッセイの中に「人生=生きた年数×時間の重量」だと書かれている。彼は時間の重量は充実度とも言い換えられるとも述べている。もし充実度が達成感と置き換えられるのならば、達成感のない人生など皆無に等しいのかもしれない。私がしているような旅では達成感などほとんど得られないだろう。旅はあくまでもレクリエーションの範疇にある。達成感を得る場所は仕事にこそある。達成感を得られる仕事(建築)を選んで本当に良かった。日々は辛いが、喜びと達成感は他では味わえない。

 標高が高く、空が一層輝いていた。オゾン層も薄いのだろう。
関連記事
[2008/04/14 08:42] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[080415]Torres del paine national park(fifth day) | ホーム | [080413]Torres del paine national park(third day)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/112-8d1cd3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。