スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
【読書メモ】「イギリス人アナリスト日本の国宝を守る」 デービッドアトキンソン
ちょっと、タイトルと内容が一致する直結する部分は1割程度なので、個人的に書き過ぎかなと思うけれど1時間程度で読める新書なので、キャッチーにせざるを得ないタイトルなのは仕方ないかな。

日本の国宝、重要文化財の建造物の保存修理費は年間たった約81億円。
この予算配分だと、根本修理だと年間大体4−5つぐらいしか出来ない計算です。クールジャパンの予算は年次でないにしろ500億円の税金が投入されています。税金が投入する事自体が重要ではないけれど、それに対して文化財に対しての補助は(著者の言う通り)ヨーロッパの文化立国と比べて非常に少ない。
著者の分野である漆や、古文書、木簡などなど日本の文化財に対して様々な修復がされていますが、その予算は少なく、文化庁指定の工房(例えば紙の修復であれば12つ)でも、かなりキツキツの状況が垣間みれます。収入だけでなく、技術者にも限りがあり、修復できるものが限られます。後継者も積極的に登用とはいかず、彼らが使う道具や材料の確保も困難な状況です。

それに対して、著者のアイディアである
“文化財の修理は再先端技術よりも伝統的技術を用いる。材料も大量生産(*伝統的なもの以外)のものは使わない。いわば、非常に非効率な仕事と言える””これは非常によい雇用効果を生む製造業からあぶれてしまった若い低所得者の受け皿として機能する。文化財修理は国の雇用対策にとって非常によい投資となる”。(→かつ文化立国、観光にも繋がる。)
”文化財の世界では最低制限価格がほとんど活用されていない。”
(建築に見られるような)”総合評価落札方式を導入すべき”(→文化財修復の質の担保と、適正な職業と成立させるため)
という意見には、諸手をあげて賛成したいです。

2020年になくなる仕事一覧というフィードが一度話題に乗りました。
今ある仕事が次々となくなっていくことが予想されますが、文化財保護(活用)の非効率な仕事は必ず残ります。経済産業省の失業対策の大量の予算を、文化財保護の資金に回せれば、確かに連鎖反応を生んで、大きな効果が見込めるでしょう。 日本だけではなく、海外にも修理を必要としている日本の文化財が多く存在しています。日本でも話が出ながらも、さっぱり進んでいない日本の文化財の修復センターが、著者のような狙いを持って設立すれば、日本の文化立国としての大きな核になるのだろうと感じる。
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/blog-entry-690.html


他、気になった箇所
「文化財の工事が終わった後定期的な検査制度がない。」
「予算が限られていて、職人の”席”が限られている。平均寿命が延びた事で職人にもなかなか「空席が」できない。これには、定年退職しても働き続ける、日本独特の「生涯現役」という働き方も影響している。
イギリスでは指定文化財に対して、年間で日本円にして501億円程度の修理代を国から出している。日本では国宝重要文化財に対して建造物の修理代として出している予算は81億円にとどまる。一人当たりでは文化財修理予算はイギリスの780円に対して日本は64円しかない。イギリスに比べて日本は二倍の経済規模があるので、単純に置き換えれば、1002億円程度の予算があってもいい。日本政府が出している保存修理費というのはイギリスの場合環境保護団体が捻出しているお金さえも下回っている。」

「2014年度の予算では国宝、重要文化財の建造物の保存修理費は年間81億5000万円。国宝重要文化財建造物は全国に2630件。4895棟一件あたり平均310万円。一棟あたり167万円。」

「オーストラリア、ドイツ、カナダ、英国、フランス、イタリアという順番で観光に金を落とす。」

有名な文化財には手入れが行き届いているが、中には保存状態が悪くなっている神社もすくなくない。日本の文化財指定は建物ごとにしかてきようされないので指定される分kな財は非常に立派に修復されている場合でも、神社であれば、ご本殿が補助金をもらって修復される傍らで、指定されていない配電やもんや好き塀とかはぼろぼろでみすぼらしいというケースがあります。」

「「海外の人から見ると、二条城の大広間をみても何の部屋だかわからない。「ハコ」を見学するだけしか、文化財の素晴らしさの一割も伝わらない。茶室も、茶器も茶釜もおかれていない。良さを理解するには説明が必要。
旭山動物園が行動展示をおこなって成功し亜用に、文化財も人間ドラマの「展示」をすべき
 文化財で儲かっているのは交通機関。文化財の恩恵を受けているのだかrあ、文化財寄付の枠を大幅に増やすべき。」
スポンサーサイト
[2014/11/23 17:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
伝統的建造物群保護制度を再考する-その1
特定物件=伝統的建造物と一般的に理解されているが厳密には違う。「伝統的建造物群」の定義はあるけれど、実は「伝統的建造物」の定義はない。それに、特定物件の定義も各地区で違う。ひどく伝建制度っていうのは、はっきり定義が出来ていない。前から疑問に思っていたので質問すると「伝統的建築物」という用語が、説明もいらない一般的な用語としてとらえているとの回答を得た。しかし、建築基準法において「建築物」はきちんと定義されているのと比べると、ずいぶん緩い感じがする。
 
 伝建の分類にしても、城下町とか茶屋町、空間的なものと機能的な分類が入り混じっている。もっと言えば、文化財の分類自体ごちゃごちゃしている。制度を追加、追加してきてきたからだ。これは日本だけかと思えば、世界遺産も政治的な問題が絡んでごちゃごちゃしている。要するに、文化財ってのはそもそもごちゃごちゃしているもので、それをなんとか文化財の専門家がこれまで決めてきた枠(制度)の外に溢れだして行かないように、解釈を変え、せっせと周りに新たな堤防(制度)を高く築いている状態と言えるかもしれない。文化の捉え方が変わるごとに、文化財の幅も深さも広がるけれど、その制度自体はより不安定になっている感じはある。一度、がつっと整理した方がいいような気もするが、なかなか難しいし、整理自体にあまり意味がないかもしれない。まぁ、文化って捉えようがないぐらいがちょうどいいって事でしょうか。
[2014/11/14 00:06] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
在特会のヘイトスピーチ
在特会(在日特権を許さない市民の会)のデモを見に行く。
現場で起こっていること、きちんと自分の目で見ないとと間違えると思ったからだ。

行ってみて感じたのは「不毛な罵り合い」だった。
s_IMG_3841.jpg


ネットで見る在特会自体の主張はまだ分かる。
 日韓の間でこれまで複雑な歴史はあって在日という遺産が出来てしまったのは確かだ。しかし、日本でも部落差別が徐々になくなっていったように、未来志向で在日だけに特別な手当をしなくても良い社会、在日という異常な状態が続かなくても、彼らが正常にどちらかの国籍を選べる状態になるべきという主張は理解できる。あくまで在日の制度論の話なら少しは理解できる。

 拡大して、韓国に対しても抗議するというのもまだ分かる。
 韓国もちょっとそれはおかしいんじゃないの?と個人的にも腹に据えかねるものがあった。
 例えば、ベトナムのフエでは、韓国チームは研究もろくにしないで3Dスキャンで撮って測量した図を王宮内で大々的に映像を流していたし。それも、SAMSUNの文字がデカデカと付けたテレビでだ。本来現地の行政が行うべきマスタープラン作りも、結局韓国の資本を入れこむために韓国が開発中心の計画を立てていた。
 カンボジアに行けば、たいした仕事をしていないのに、自分が関わった電柱一つ一つにでかでかとKOICAのマークをはり、タジキスタンでは、日本海ではなく東海の表記にするために、地図の出版元に直接連絡してコソコソと変更しようとしていたという。正直、自分の国を過大に誇張するというのは、まぁ、正直日本人の美意識とは異なっていて、それが間違いであるときは、きちんと抗議しなくてはならないと思う。
 

 ただ、在特会の実際のデモは決して政治的な主張のたぐい、悪意をばらまくものだった。「帰れ!」とか「国交断行!」とか、注意を引くだけで発展性のないものだった。
s_IMG_3848.jpg
s_IMG_3846.jpg
(デモ隊よりも多い警官によって、不測の事態が起こらないようにしている)

 あれは政治活動ではない。ヘイトスピーチと取らえてもいい。


 まぁ、デモに対して抗議する連中も相当過激なのだけれども。
デモに殴り掛かろうとして、警官に止められているものもいた。
s_IMG_3856.jpg


こんなTシャツを来て、現地の国を馬鹿にするような事をしたら、誰でも頭に来るよね。
s_IMG_3839.jpg


日本って平和。
それがよくわかった日でした。日本っていい国だ。


[2014/11/13 22:51] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。