チップ制度にはやはり反対。


ハワイに来ると、各所でチップを払うことになる。
気持ちのいいサービスを受けた時には気前良く払ってあげたいし、(もちろん、そんなにお財布にお金が入っているわけではないので)最低限のマナーとしてチップを支払う。

しかし、日本人からしてみると、チップの制度自体に疑問を感じている人も多い。 

 例えば ウェイターはすでにレストランから時給をもらっている訳だから、客にサービスをするのが仕事なのに、サービス料に上乗せしてお金を求めるというチップ制度自体の意味が分からないと言う方も多いだろう。僕もその一人だった。
 チップ制度のために、テーブルごとのウェイターが決まってしまい、注文を頼みたくても他の人にはなかなか頼めず、時間ばかり掛かってしまうとか、、


 ただし、ウェイターの給料は安く、チップ制度で成り立っている側面もあり、良い仕事をする労働者が良い給料が得られるというのは理に適っているいるようにも思う。
 実際に優秀なドアマンは1年前の来客のことも覚えているというし、このような人はドアマンであってもプロ中のプロだし、尊敬されるべきだと思う。当然、仕事の種類には優劣がないというという考えからすれば、その道のトップである人間は、他業種のトップの人間と同じように高い賃金が支払われるべきだと思う。

 ただし、チップ制度は全ての仕事は同等に価値があるいう考えとは根本的に相容れない。

 サービス能力がある人に賞賛としてかもしれないが、報償を貰えるということは、その仕事自体を貶めていると言える。
というのは、チップ制度がなければ、そのサービスに勤めている人間は最高のサービスを提供しないということが前提にある。昔は、ウェイターなどのサービス業は、底辺の仕事であったろうし、言い方はわるいが低学歴でも出来る仕事だった。
 
 サービスの向上を図るため、馬に人参をぶら下げるようにチップ制度が取り入れられた歴史的背景があることは決して否定出来ないだろう。つまり、チップがなければ、下層の仕事をする人間はきちんと働かないと。


 となると、チップを貰える仕事というのは、下層の人間がする下等な仕事であったという、古来からの貴族と平民、白人と黒人、市民と奴隷の関係の背景から切り離せない。ココが平均的には世界一のサービスを提供をしているだろうと自負する日本人から相容れないところなのだと思う。

 
 チップ制度を続ける限り、支配層と被支配層の旧体制から抜け出せないのかと思うと、チップ制度は必要であっても、社会的に機能していても、やはり私は反対なのだ。


チップについてはこんなことも書いていた。
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/blog-entry-49.html

http://hirokijourney.blog35.fc2.com/blog-entry-122.html
[2014/02/12 19:57] | 旅コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ハールハーバーの戦死者が意外に少なかったことに思うこと
ハワイに遊びに行くので、見ることは無いと思っていた映画ハールハーバーを鑑賞。

ハールハーバーの戦死者の数は2,345人。
なお、民間人57人と、被害者は ほぼ軍人だけだ。
それも、おそらく基地にいた民間人だけだと思うと、局所的な攻撃が出来たと言える。

アメリカ側の被害は

戦艦5隻沈没
駆逐艦2隻沈没
標的艦1隻沈没
戦艦3中破
巡洋艦3中破
航空機188破壊
航空機155損傷
ではあるが、

実は、戦艦大和が沈没時の戦死者数2,740名に比べると、一隻だけでパールハーバーでの攻撃での戦死者よりも多い。


 アメリカ側の被害が甚大であったのは確かであり、私には想像もつかないぐらい痛ましく、悲しみが深いことだった。もちろん、憎しみを持って日本に報復したくなるのは当然ではあるが、犠牲者の数だけの比較ならば、あまりに誇大に宣伝された。この悲しい記憶は大きな憎しみになり、広島、長崎を始め、東京大空襲等の無差別攻撃に換えて、1000倍以上もの犠牲者が生まれた。

 戦争の悲惨さは、何よりも誇大な情報操作によっても生まれてくる。

戦争には、只、憎しみと甚大な被害とむなしさだけが残る。あるのは負の勘定の連鎖だけだ。
 悲しいことに、戦争観は主観でしかありえない。戦ったもの同士分かり合えることは決してない。私たちが出来るのは正確な事実を知ることではなく、相手が信じる真実を知ることだけだ。例え、自分の知る真実とは違っていても。


 今の日本と韓国と中国の関係を見る限り、人類史以来何も人間は成長していない。





**
ちなみに、映画パールハーバーは、史実と異なる点の多い上、恋愛映画です。あしからず。
[2014/02/07 00:28] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |