中国の公害問題を解決するには
 china.png

 大気汚染で日本が中国からの汚染を受けているのは事実。日本の冬山で雪を溶かしてコーヒーを飲もうとすると、PM2.5なのか、、雪に付いていた中国からの不純物質のために油が浮いてくるらしい。美しい日本の白銀の世界でも、中国による大気汚染は広がっている

 中国人のモラルや設備の問題もあり、環境対策がまだまだ不足しているのは事実だが、
ただ、世界の構造自体もやっぱりおかしいことは心の片隅に留めておきたい。

 中国が世界中の人々が使っている商品の工場になっているのは事実。ということは、本来、世界中で発生するはずの公害を中国が一手に引き受けているとも言える。食品の生産地と消費地の距離の考えを示したフードマイレージではないけれど、プロダクトマイレージみたいなものを世界の消費者は考えて行く必要があるだろう。中国を非難するだけに終わらせずに、世界の構造自体を変えていかねばならない。中国が嫌いだから中国製品をボイコットするのではなく、中国の環境を守る為に中国製品を買わないという選択肢もあるかも知れない。

 ただ、中国と国民は経済発展と公害被害とを天秤にかけても、経済発展を選ぶだろう。だれでも、日々の稼ぎがないと行きて行けない。

となれば、環境倫理も飛び越えて、問題を解決するのは技術革新しかない。

 今のところ、この問題を解決できそうなものは3Dプリンターかもしれない。3Dプリンターなら製造拠点を一カ所にせず、製造地点をユーザーに最も近いところに分散して設置することができる。もしも、3Dプリンターが空気中の元素を取り入れてドラえもんの道具のように、なんでも作れるようになったら世界は変わるだろう。夢の様な話だが、技術者を信じて、近い未来にそれが出来上がることを期待している。
[2013/10/29 01:30] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
日本とイタリアの違い その3
11月に近づき、だいぶ寒くなってきた。風邪を引く人も出てきたが、イタリアでは誰かがくしゃみをした時にみたいにsalute! をいう声が周りの人からかかる。日本ではこの掛け声がないのは寂しいと思うこの頃。他の人がくしゃみをすると、つい喉までsalute!が出てくなる。イタリアなら町中でも歩行者の方から、salute!と声が上がる(笑)。スペイン語圏でもsalut!英語圏でもGod bless you,!と飛んでくる。
 日本だと「誰か噂でもしているのかなぁ、、、」なんて心の中で独り言をいうしかないのだから、大きな違い。小さなことだけど、なんか、大きな喪失感を感じる。
[2013/10/27 11:33] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |