スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
音楽で決まるブラジルの市長選
ブラジルの小さな街アントニーナという街
クリチバから車で東に1時間半ほどいったところにあり、世界遺産(自然遺産)として登録されている「大西洋岸森林南東部の保護区群」にも近く、街のすぐそばにはマングロープの樹林が広がっている。

17世紀には金銀を運び、現地労働者を搾取するため、また湾の奥地にある防衛的な機能もあり開拓がはじまり、1714年にアントニーナとして街が形成された。19世紀始めからはブラジル•マテ(マテ茶)等を運ぶ為の湾に面した港街として栄えた街ですが、20世紀半ばには深度の問題で湾の主要港は他の街に移り、1976年には列車も廃止されました。観光ルートからもはずれ、いまでは何もないと思われているような静かな街。

そんな街だが市長選の時は騒がしいお祭り状態になる。

たかが選挙と思うけれども、まるで全住民がそれぞれの候補者の陣営に立って戦うかのよう。
朝から大きな旗をもった市民が立ち、夕方になれば花火があがって集会が始まる。
特徴なのはさすがはブラジル、音楽の善し悪しで市長が決まる。
車を改造してスピーカーを詰め込み、爆音を挙げての候補者の宣伝音楽。
そこには政治的な主張はないのがポイント。


それぞれの立候補者に番号が与えられ、「♪アイヨウヨー♪ にじゅう~♪エレナっ!エレナ!♪」って感じで音楽と一緒に番号が頭に刷り込まれる。音楽で決まる選挙って、音楽の国ブラジルらしい。確かに、新しい市長になった候補者の音楽が一番頭に残ってる(笑)


異常な数の応援団。何処からお金が出ているのだろうか。
s-RIMG3498.jpg

爆音改造
s-RIMG3402.jpg

s-RIMG3417.jpg

超爆音改造、トラック全てがスピーカー
s-RIMG3498.jpg






さて、こんな田舎でどうしてこんなに選挙活動が盛んなのか。まるで住民全てがそれぞれの市長候補派に分かれて戦っているかのようだ。たしかに1週間で100レアル4000円ほど貰えるとのことだけれども、1週間だったらそんなに高い値段じゃない。どうしてだろうと考えていたらヒントを貰った。

 このアントニーナは2011年3月11日に豪雨によって地滑り災害が起こったように自然災害の多い土地。以前の市長によって展望台が作られたが、整備もなく崩壊し、それまでの道も寸断されてしまった。現在の市長は過去の市長の行ったことは、過去のものとして気にしていないらしい。この展望台を作るのに多くの資金をつかったと思うのだが、維持費ならそうお金が掛からないはず。

 そう、新規の建築工事であれば多額の工事となり、おそらく市長へのキックバックが発生しているのだろう。実は2013年より、ペトロブラス(ブラジルの国営石油会社)による港湾工事が発生し、その工事に直接関わる人員だけで1500人もの労働者がこの小さな街にやってくる。この利権を誰が得るのか。

 今回の市長選が大きなうねりとなっているのは、こんな背景もあるのだろうか。
スポンサーサイト
[2012/10/28 22:57] |  -ブラジル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自転車バー
ブラジル、アントニーナにて、放棄されている線路を活用にあたり、自転車を改造して移動が出来ないかを検討。
そんな時に見つけたのがこのイギリスで開発された14人乗り自転車。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MvyOe4HhBKI

なんとビールサーバーが付いていて、まさに動くBar! これは車なのか、自転車なのか?自転車だとしても、飲みながらって問題じゃないのか?いや、ペダルを回しているけれども、ハンドルは別の人間だから良いのか?色々と突っ込みどころの多い自転車。調べてみると、beer bikeって一般的みたいで色々種類がある模様。日本と同じくビールを飲んで自転車を運転して行けないという法律になったが故に、それに対抗して、自転車に乗りながらビールを飲んでやるぜ!とオランダでも市民権を得ているようだ。足を動かしながらビールを飲むので酔いも回りやすいし、風景も変わりながら飲むビールは美味しいだろう。アイロニカルだけど、面白いアイデア!
29189.jpegbeer_bike.jpeg



こんな感じで、ガソリンのように飲みながら走るという自転車も発見したけれど、これは違反ですね。
http://hackedgadgets.com/2011/07/04/beer-bikes-hit-the-streets-around-the-world/
_beer_bike_17.jpeg


ちなみに
岐阜にはレールマウンテンバイクGattan Go!という旧神岡鉄道の廃線を利用した施設があるとのこと。
飛騨の山の中を専用台車に乗せたマウンテンバイクで線路を走る。
http://rail-mtb.com/
[2012/10/26 17:24] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。