スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
イタリア日誌-66「移民問題-1」
■イタリアの人口はこの10年近く増加している。

まずは、イタリアの人口統計から。
イタリア国立統計局The Italian National Institute of Statistics (ISTAT)
のデータを参照するとhttp://en.istat.it/

最新のイタリアの人口統計は60.626.442人(2011年)となっている。

ついでに人口の変化を見てみると横ばいだった人口が2002年から一気に増加していることが分かる。(google先生の表。ソースは世界銀行)

まずは人口
s人口変化


そして増加率
s人口増加





■増加の原因はやっぱり移民?
 一時日本よりも低かったイタリア人の出生率もあがっているが、それだけで8年で400万人近くも人口が増えるとは考えられない。人口増加の原因は海外からの移民ということになる。
 s出生率

 むしろ、出生率もイタリア人女性の出生率が高まったというより、移民女性の出生率によって全体の出生率が上がったと理解した方が正しいだろう。(フランスも出生率が変わっているが、移民の影響は大きいだろう。移民、特にイスラム系女性の出生率を考えると50年後にはフランスはキリスト教の国ではなく、イスラム教が主流の国になるとも計算されている。)
 


■どの国からの移民が多い?
 ISTATのデータに戻ろう。まず、移民の統計の最新データでは4,570,317人(2011年)がイタリアにいるとなっている。
ちなみに男女割合を考えると7.5%ほどになる。男性が220万人、女性が237万人と意外にも女性の方が多い。
 外で見かける移民の男女比率とデータの印象が大きく異なるのは、正式に住民登録しているものと不法滞在している人数の統計に大きなズレがあるのか、それとも男性が外で物品販売をして働いている姿のみが目につくからなのだろうか?
 移民の年代別人口として多いのは25~44歳で男女とも4万人を越えている。そのピークが32歳であり、移民が労働人口となっている事も特徴と言えるだろう。本来、イタリアの労働不足を補う優良な移民政策と認められて然りのはずのデータが見えてくる一方で、「移民に仕事を取られている」と怒りを訴える若者達がいる。
 次に国別の人口統計(なぜか2008年が最新だったので、これを参照)を見てみるとルーマニアが76万人を越えて1位だ。それも2006年から2007年の間に34万人から62万人とほぼ倍増している。国別は2位がアルバニア44万人、3位がモロッコ40万人、4位がグッと差がついて中国17万人。(ただし、これは2008年データであり、当然、不法滞在は含めておらず、また旅行者や一時滞在者は含まれない)その後順位はウクライナ、フィリピン、チュニジア、ポーランド、インドと続く。
 当然移民も多いと考えられる近隣ヨーロッパからは意外にも少なく、トップでもドイツが23位(4.1万)、フランスが25位(3.2万)と経済交流の割に圧倒的に少ない。
ちなみに日本は49位で7.296人と記載されている。



■危険視される移民
 先ほどのデータで2002年から大幅に人口増加があったのは、東欧もユーロ圏域に入ったこと、これまで不法滞在という形で、既にイタリアに存在していた移民が滞在許可証を申請し、正式に登録したということが大きいだろう。この滞在許可の発行数も一度に出来なかったこともあり、この図で見るような大幅な増加率ではなく実際には緩やかな増加だったのではないかと予想している。
 ただし、この増加がISTATのデータでも読み取れるが、経済が盛んな大都市や北イタリア、工場地帯に一気に集まっていることもあり、一般の人からは危機感を持って移民を眺められているのだ。また、田舎の村々においても農場従事者として新たに移民に手伝ってもらうことがあるが、彼らが社会コミュニティの文化を壊すと考えられている。事実は分からないが、移民が増えて犯罪が増えた、と地方の人から何度も話を聞かされる。



■移民、特に中国人に対する強い風当たり

ベネチアでのカーニバルでの事を思い出す。

サンマルコ広場に出来た特設ステージ上の司会者が、各国からの観光客に向かって、呼びかけた。
司会者「アメリカから来た人〜声を上げて!」 アメリカ人「ウォー!!!」
司会者「スペインから来た人〜」スペイン人「ウィヤッホー!!!(発狂)」
司会者「中国から来た人〜」  全員「ブーーーーー」

って、何だコレは、、、、

 これほどまでにイタリア国民に嫌われているというのは、明らかに異常ではあるが事実だ。悲しいことに、中国人=諸悪の根源とされている風潮がある。



■中国人の消費行動も問題視される。 

 中国からの旅行者が圧倒的に増えているが、そんなに喜ばれていないのは何故か。昔の日本人みたいに高級ブランドを買い占めている人もいれば、都市の郊外の田舎の駅からたくさんのブランドの袋をもっている中国人が乗車してくるのを見かける。かれらは地方に作られた大(偽モノ?)工場で、買い物をしているようなのだ。
 一般的に中国からの旅行者と言っても、中国系の旅行会社が運営し、中国系のホテルに泊まり、中国料理を食べ、中国の製品を買って行くという流れが作り出されていて、思うように都市にお金を使ってくれていない。この様な中国人コミュニティ内での循環消費傾向も問題にあげられている。イタリアの都市は決して凍結されたディズニーランドではなく、人々が生活している生き生きとした都市=living city (Citta viva)だ。滞在せず、街に溶け込もうとしない観光客は、都市インフラに負担を掛ける邪魔者でしかない。



■そのMADE IN ITALYはイタリア人が作ったもの?

 中国人だけでなく、各国の観光客が買うお土産にも影響が出始めている。Made in Italyと書いてあっても、イタリアに設立された中国人の工場で、中国人が働いて作っている場合がある。中国の工場でイタリア人に監督されて製造されているMade in China製品もあることを考えれば、消費者は何を基準にしたらいいのか分からなくなってしまう。

 もしも、こんなことを購入時に気にするならば、Made in 国名の他に、made by ○○人とか made under ○○人とかの表記を作らないといけなくなってしまう。もしも、こんな表記が出来てしまったら、これはもはや差別主義でしょう。イタリアで作られているなら、工場が(きっと)きちんと税金を納めて、イタリアに貢献しているはず。なのに、どこまで自国産業とするのかは国民感情を含めてしまうからコンガラガッチオーネ。

 個人的には中国であろうがイタリアであろうがいい品物はいいというスタンスだけれども、経済が逼迫して来ている国では、そう穏やかでは居られない。



■イタリアの体質と合わないグローバリズム

 地域を基盤とする社会体系を組んだイタリアはグローバリズムに敵意を向ける。
 自国経済を守れ、自国の産業を守れというスローガンが発せられて、グローバリズムこそが自国を脅かしているという一般世論が出来つつある。何もグローバニズム自体が悪ではないことを、自らの思想の背景によって除外する傾向が強い。

 1968年にローマクラブによって「成長の限界」が提示され、近年には資本主義の限界が指摘されている。資本主義には、努力をすれば何とかなるよ、努力をした人間は幸せになるという建前があったけれども、すでにそんな成功神話が失われている。しかも、先進諸国の人々から見ると、発展途上国レースに遅れて来た人間が多く参加して、自分の横を追い抜いて行くことように思えている。これに対する不満と、みんなで緩やかに生きていこう、周囲の人々と助け合っていこうという地域共同体を主とするイタリアの価値観が揺るがされている。



■移民問題解かずして、都市問題は解決しない。

 イタリアの都市問題の歴史は、50,60年代は破壊された都市の再生やベビーブーマー世代のための住宅供給など「フィジカル」な問題、70年代80年は中心市街地内からの自動車の閉め出しや小規模商店の維持回復など「機能」の問題だった。90年代には目に見えない文化や風景保全などの「メンタル」な問題にも直面し解決を図った。しかし、現代の都市問題は「ソーシャル」な問題が最も強い。そしてその中心にあるのが、移民の問題だ。

 労働力を確保する一方で、どのように社会体制を維持するか。コムーネを単位とした社会体制はイタリアの核だ。この体制にどのように移民を組み込めるか。簡単に見つかる答えなどない。しかし、この問題を解かずして、明るい未来像は見えてこない。




追記:
 グローバリズムに反対していても、世界で貧困にあえぐ人々や自国を脅かしているアフリカ系移民に対して、そして仮想敵国の(ように考えられている)中国の経済もそして中国の環境をも救わねばならないのがグローバリズムであり、不可避であることを突きつけられている。かなり、感情と理性の間で混乱している。
 レース自体を中止する必要はないけれど、この全員が勝てないと分かっているルールをいつまで続けるか。勝者への賞金を減らして参加者に分配すべきなのか。違う方式は無いのか。レースを見守る人間も幸せになれる方法は何だろうか。
 個人の能力を高めるため、常に勉強し続けなくてはならない義務を課されたプレッシャーの多い世界では、相互扶助を前提とした市民社会という理想は蜃気楼のようになりつつある。イタリアでは多くの市民団体によって様々な抗議が行われているが、移民問題だけは孤立しつつあるように感じる。全く解決が見えない。

スポンサーサイト
[2012/04/24 05:01] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イタリア日誌-65「太陽パネル畑と景観」
イタリアでは景観保全のため歴史的中心市街地では屋根に太陽発電パネルを配置することはなく、郊外にまとめて地面に設置されている。広大な草地がある郊外地に、まとめて配置した方が効率的だからだ。日本で震災後に塩に使った田圃を発電パネル畑に転用しようという動きがあったが、既に通常に機能しているという印象をうける。

 イタリアでは新エネルギーに対する政府からの多額の補助*があるため、個人事業主によって畑が次々に太陽電池パネルの畑に変更されている。かまさしく電気を栽培していると言った感じで、太陽の光が強いイタリアでは理想的のよう。

しかし、エネルギー問題とは別の課題が出て来ているようなので、紹介したい。

 例えば世界遺産都市であるウルビーノ周辺は丘陵地帯であるために、平地だけではなく丘陵地を利用したパネル設置が目立つ。風景は地域共有の資産であり、個別の住人が所有してよいというものではないという考えがヨーロッパでは徹底している。新しい代替エネルギーが求められる時代ではあるが、地域景観を考慮しないで、個人事業主によって無計画に太陽パネルが配置されるのは風景を破壊する問題意識が沸き上がってきている。
sRIMG2316_20120419010736.jpg



 地域景観を保全する為に、どの場所に太陽パネルを配置すればいいのか。これらのシミュレーションや景観への意識を高めるためのシンポジウムが行われている。

2000年のヨーロッパ風景協定後、風力発電の配置に関する風景計画(+生態保全計画)は一般的に勧められている。今後は太陽光パネルにも適用されるだろう。
sRIMG1970_20120419010737.jpg


 日本でも地域発電と景観をどう調和させるか、この課題に取り組めるステージをまず目指さないと。



補助率:
 太陽光パネルは50%の補助ということだが、年にも州にも寄るため、定かではない。
 ただし、一般的に補助率は非常に高い。住宅でも一定の基準を満たせば建築費の55%に補助がでる。修復で最高額100,000ユーロ、新築で最高額180,000ユーロの補助がある。
[2012/04/19 01:26] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イタリア日誌-64「最大の自然災害リスク」
可能性が高く、日本で最もリスクのある災害の1つは首都東京への直下型大地震だろう。一方イタリアで最もリスクのある災害と言えば、ナポリ周辺のヴェスヴィオ火山の噴火。紀元前79年の大噴火が有名であり、この時の火砕流でポンペイ市を、土石流でヘルクラネウム(現エルコラーノ)を埋没させた。最近の噴火は1944年3月22日のもので、サン・セバスティアーノ村を埋没させている。この火山は南部最大の都市ナポリから9kmしか離れていない。
s火山1


 ヴェスヴィオ火山が噴火した時に、即被害を受ける地域(つまり即死地域)はred-zoneと呼ばれている。ここには60万人住んでおり、災害前から多大な被害者が出ることが指摘されている。
火山2


 噴噴火と共に火口に蓋をしていた岩盤が天空高く巻き上げられ、5分で海に到達する。空から降り落ちる岩石に当たれば、住宅の中にいても屋根を突き抜けてひとたまりもない。しかも、本当の災害はその後に始まる。焼け付く火山灰が街を襲い、次に溶岩が全てを溶かして流れて行く。

 この災害のポイントは地震とは違って短い期間で終わらないことがあげられる。レッドゾーンの人間は即死ではあるが、広範囲(ナポリ圏域)を考えると津波のように完全に街が灰に覆われるまで少々時間の余裕があり、放射能汚染地帯と同じようにその後、長期間にわたって住めなくなる可能性がある。避難の余裕も多少あり、避難の長期化も予想される。このため、災害発生から時系列に沿った対策が必要だが、専門家の話を聞く限り不十分だ。
 
 非常に困ったことにヴェスヴィオ火山の近くにもナポリの西にも、もう一つ火山(Campi Flegrei)があり、これらが同時に噴火した場合(可能性は高い)、最大500万人が住む場所を失う。既に国家レベルの決定によって、この未曾有の災害時には、イタリア全土から船やバス等の緊急出動による避難を行うとある。ただ、この大量の避難民の受け入れに関しては無計画と言わざるを得ない。一週間の避難小屋を前提にしか考えられていないとの事だ。

 長期の避難や援助のためには東北大震災や中国の四川大震災で行ったような二市間協定システムを利用して、事前にコムーネ同士での2コムーネ協定を結び等の震災に備える方策はあるだろう。今年、60年ぶりと言われる大雪で多くの小さな村が孤立した。災害に対する弱さを露呈した。日本よりも活動家が多いと考えられるイタリアでもまだまだ災害に対する防備は十分ではない。
 
イタリアの災害に対する脆弱ぶりはシチリアでも見ることが出来た。例えば、シチリアのカターニアは1693年の大震災で壊滅し、そこから再建して今では世界遺産の一つ登録されている街だ。しかし、現在の街並や建築を見ていると、大震災があった事を忘れてしまったかのような無計画ぶりが目立つ。

 写真はカターニアの一番のメイン通りに近年建てられた建築。(見てよ、このポルティコの弱々しい柱!。)
sRIMG1499.jpg
地震が来たら応力が柱の付け根に集まって、すぐに崩壊し、張り出し部に住んでいた人は落下し、多くの通行人は下敷きになるだろう。


 2011年の震災を経たからこそ、過去を忘れてしまったかのような無防備なイタリアに恐怖すら覚える。自然災害は必ず起こる。被害を増大させるのも減少させるのも人的な影響が大きい。社会的な難しい背景は理解するが、積極的にコントロールしないと大変なことになる。イタリアにいる間に何か協力が出来ることがあれば協力したい。
[2012/04/16 22:32] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イタリア日誌-63「 美味しいレストランの見つけ方」
イタリアで美味しいレストランを教えて!

 って良く言われるけれども、ガイドブックがなくても、言葉がわからない旅行者でも、簡単に美味しいレストランを見つける方法がある。

 それは、「扉にガイドブックの推薦シールがたくさん貼ってある店に入る」ってこと。
sRIMG2299.jpg


 Italiaのワイン協会やら農業協会、フランスのミシュランやglobe trotterのマークなど色々あるけれど、分からなくてもたくさん貼ってあればまず、美味しい!ってこと。日本の広告のように商業的に浸食されていないので、安心の推薦マークです。特にslowフード協会のカタツムリマークが貼ってあれば、まず間違いない。
sRIMG2302.jpg
 たまたま入ったウルビーノ近くのurbaniaにあるスローフード協会認定のお店


 分かりやすいっしょ!
 
 では良い旅を〜!

※Osteria d’Italia の本はslow food 協会から毎年出版されているのでそれを購入して行くと間違いない。土日はまず予約で一杯なので事前予約が必要でしょう。
creativita_スローフード


 もちろん、シールが貼っていないところでも地元のバーで「近場で美味しいところは?」とイタリア語聞くことが出来れば喜んでいろいろ紹介してくれます。

 それから選ぶポイントをもう一つ。美味しいレストランはなぜか、どうしてか、その街の古い写真を貼ってる。これも選ぶポイント。
[2012/04/15 09:25] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イタリア日誌62「修復現場-2」
イタリアの修復事情調査-1に続いて、第二弾。


フェッラーラで行われた修復現場や技術や商品に関する、イタリア最大の修復保存イベントに2日間参加した。イタリアで最大ということは世界でもおそらく最大。そんなイベントでも自転車ですぐ行けてしまうところが、フェッラーラの素晴らしいところだ。


 シンポジウムや展示はいろいろあったが、今回は修復技術に着目したい。今年の会場で目についたのが遺跡の最新測量技術やデータから立ち上げる3Dモデリング技術、そしてAR技術だ。



 まずは写真を取って組み合わせるだけで3Dが立ち上がるUMAPのシステムを紹介したい。

 これにラジコンヘリコプターにカメラを取り付けて撮影することで高い位置も3D化可能となる(UFLY-MAP)。ソフト自体は50万ほどだし、遺跡だけでなく日本のまちづくりの現場にも(特に街並形成に)効果的なツールだろう。
sRIMG1214.jpg
 このように写真を取り込むと自動的に3Dが立ち上がる。この3Dは地上2.3mぐらいの位置から60枚〜70枚ほど写真を撮影したとのこと。しかも、3D用眼鏡を着用してみる必要はあるが、画面上で3D画像に出来る。



 次にAR技術。AR(拡張現実)の活用はまだまだイタリアでも進んでいないが、I-phoneやi-padなどのスマートフォン端末で見られるガイドシステムが増えて来たことを考えると、あと3〜5年ほどで多くの遺跡でARを組み合わせたガイドが出来上がるのでは無いだろうか。
 sRIMG1228.jpg
 特定の印を読み取って、その場所に無い像を映し出す仕組み。


 sRIMG1958.jpg
 シチリア-AGRIGENTOでの、WIFIを使ったガイド。昔のオーディオガイドより安く借りられ、かつ画像も見られるので今後増えて行きそうだ。
sRIMG1931.jpgsRIMG1936.jpg
 上の人の像が下の模型のように神殿に取り付けられていた。像の大きさだけで12Mほどで、その巨大さが分かる。(約2500年前なんて信じらない!)

sRIMG1953.jpg
 崩壊したゼウス神殿跡地。このアグリジェントの遺跡では、上述したAR技術を通してみると、当時の姿とその壮大さが理解しやすいのではないか。AR技術の遺跡転用に関してはこちら。

 このARの為の3D立ち上げには歴史的検証や正確さも必要なため、商業的に行うのではなく出来るだけ専門的に行った方がよい。現地調査で使用した新しい光学測量技術や先ほど説明したUMAP等を組み合わせて行うとスムーズだろう。システムだけではなく、活用の方法まできちんと道筋を建てたい。
 


 また、歴史的建物をアートの対象、また、市民のアトラクションとして映像とライトアップを組み合わせた技術が生まれてきた。( Wall Projection Artとか、Visual Showと呼ぶ)。この「その場、その建築を使ってしか出来ない映像インスタレーション」が2年前ぐらいから行われている。

映像参考 ←YOUTUBE
会社参考


 今年の夏はprojection artがもっと多く上演されるはずだ。平面的な壁だけではなく、ドーム上の屋根の中など球体でもプロジェクションは可能。今年は教会の内部で行われる上映も多い。
sRIMG1210.jpg
写真右上、ドームに投影されている映像。

 日本では行政が中心となって公共の広場を活用する事がないので、技術の展開が進んでいない。日本の公共アートと言えば花火かも知れないが、市民誰もが見られる新しい技術による娯楽や芸術を街の歴史的建物を使って行ってほしい。始めるのが早いほど観光に効果が上がるだろう。



 追記:
 他に面白いものとしては、歴史的建築物の内装に効果的な、音源のスピーカーを見せずに壁の裏から音源を付けるための商品などがあった。アメリカの商品で、今後このような内装は歴史的建築物のためよりも商店建築で流行ってくるのではないだろうか。

 sRIMG1219.jpg
 ガラス板の裏側に、装置が取り付けられている。このガラス板自体がスピーカーとなる。
[2012/04/11 10:04] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ゲリラ的まちづくり
街で使われていない場所に「ゲリラ的に」花を植えてしまおう。空間を素晴らしいものに変えていこうというプロジェクト。イタリアでは行政が遅々として進まないので、民がその分頑張るのがイタリアのまちづくりの特徴と言える。
http://www.guerrillagardening.it/


このプロジェクトを見て、昔自分がやったことを思い出した。
もう10年以上も前、参加型まちづくりの無力感から、じゃぁ、とりあえずうちの街から変えてみようと 地元友人一人を(無理矢理)連れ出して、深夜にこっそり線路の金網沿いに朝顔の種を植えていった。2、3年経つと世話していないのにも関わらず、毎年毎年朝顔が咲いている範囲が広がって、夏前になると線路沿いがずっと朝顔だらけになっていた。なんか嬉しかった。 

 このゲリラ的活動が社会的に褒められるものかどうかは分からないけれど、良くも悪くも 学生のときにしかない(と言われる)変な情熱があったんだなと思う。無駄だと思えるような出来事が、ふと10年後によみがえってくることがある。スティーブ•ジョブスのカリグラフィーの話のように、当時は無駄なように思える行動が、いつか実を伴って自分にかえってきてくれればいいのだが。

[2012/04/11 09:24] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イタリア日誌-61「大学卒業の儀式」
さて、街におかしな人がいつもより多くなって来たのは、春になっただけでなく卒業シーズンだからだ。
sIMAG1009.jpg
sFeste-Laurea.jpg


 イタリアではドクターは博士を指すのではなくて大学の卒業を指す。(ドクターはPh.D) で、3月が来たら大学を卒業する日本と違って、大学で論文が担当教授に認められたら卒業となるため、卒業時期がみんなバラバラ。

 この卒業(卒論受理)を祝うため、家族や大学の仲間や古くからの知人が集まる。
祝われる人は仮装して、街を練り歩きながら、周りの仲間は大声でこう歌う。

dottore! dottore! dottore del buco del cul vaffancul vaffancul♪
博士!博士!くそったれのおつむ空っぽの博士♪
(意訳:大学卒業しやがった!お前卒業しちまいやがった!だけどなぁ、大学卒業したって結局お前の頭空っぽさ!おめでとう!)

祝ドットーレの参考メロディと歌詞:
http://youtu.be/hycBvbFQ7gM
(実際には街を徘徊しながら大声で歌いまくる)


 こんな感じで主役が周りの仲間にちゃかされるイベントなので、仮装させられたり、過去の恥ずかしい歴史がまとめられ、酩酊していた時の写真が学校の周りには貼られてしまうわけだ。

sRIMG1189.jpg
仲間が模造紙一枚にきれいに恥ずかしい歴史をまとめ、大学の目の付くところ(校舎の外とか、構内の壁)に大きく張り出されている。色々工夫されてて面白い。


このイベントはフィレンツェから北。特にエミリアロマーナ州やベネト州が本家らしいが、今ではローマやミラノ何処でも行われている感じ。
sallegria-scherzi-laurea.jpg
s2692374907_38e46852b8.jpg
S_DOTTORE.jpg



実に馬鹿なイベントではあるけれども、これもイタリアの風物詩。ガイドブックには説明が載っているのを見たことが無いのでご紹介しました。

同郷の友人や親類がわざわざ卒業の日(卒論受理の日)に集まり祝う、イタリアの固い絆の分かるイベントとも言えるかな(笑)。


(※写真の一部はネットから頂戴したものもあります)
[2012/04/01 03:54] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。