スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌66-「もしも明日 日本が無くなったら」
もしも明日、日本が消滅したら
仕事は言葉は住むところは、

うん。なんとかなりそうだ。



もしも明日、一文無しになったら。

うん。なんとかなるだろう。



もしも明日、無人島で目覚めたら

うん。何とかするだろう。



 グローバルな世界になって自分一人の人間が裸一つでも食べていけるか、集団の中ではなく個人でも大丈夫か、それが問われているように思う。かわぐちかいじの漫画「太陽の黙示録」のように地震で崩壊しなくても、近年の日本の状況を見ると、そんな気もしないでもない。借金によって日本が破綻して、急に失業率が50%ぐらいになってしまったらどうするか。「ま、仕方ない、働くのは別に日本でなくてもいいんだし」と思えないといけないんじゃないか。

貯金だってアルゼンチンのデフォルトを考えれば吹き飛んだっておかしくない、超インフレが起こって日本円なんて紙屑になる可能性にだってあるんだし、日本が無くなったら日本語だって意味のない世界が来る。

今、日本人でどれだけの人が日本を離れて暮らしていけるのだろう。日本の高度成長時代、商社マンが世界を駆けた。その前向きな熱が日本にあるだろうか。いまは留学生の枠すら余っているという。韓国、中国であれば考えられないことだ。

その一方でこれから日本が経済的にどんどん落ち込んでいって、社会的な不満が次々と出てくるだろう。現在、尖閣諸島で中国に対して怒りをあらわにしている日本人も多いがそれは将来の不安の表れかもしれない。本当に前を向いている時代ならそんなことは対して気にも留めない。自分の生活が生涯安定している人もそうだろう。
ただ、中国やアメリカへの今のような外交を続けていると将来に不安と不満をためた日本人が過激な、、(ファシスト的な)大衆運動に行ってしまうんじゃないだろうか。いま、日本人は中国の過激なデモをテレビで見ているけれども、それは20年後の日本の姿になるかもしれない。

僕らの世代は国境を飛び越え、グローバリズムを飛び越え、すでに世界は極端にいえばただの土地だし、僕らの共有の庭なのだ。プロジェクトごとに世界中から人が集まりチームを作る。海外でプロジェクトをしていればそんな風にも思う。この感覚はきっと僕らの世代のスタンダードじゃないんだろうか。

そんなことを思えば一国に対して憂いても仕方がないような気もするのだ。もう僕らは一介の国の村人でいられず、飽和する世界をどのように運営していくか、という世代なのだから。
 
スポンサーサイト
[2010/10/29 02:25] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌-65「エクスポの終り、袖の下」
エクスポも閉幕に近づいてきた。去年上海に立って仕事で関わった全てのプロジェクトがエクスポの期日を基準に動いていた。刻一刻と開幕にカウントダウンされるのを眺め、毎日ニュースを聞き、それがそろそろ終わるとなれば僕にはとても感慨深いものがある。

 3日券のチケットが一枚余っていたので比較的すいている平日夜間にエクスポ会場に。友達のパビリオンに入れてもらい、VIPルームでビールを呑みんでいざ出発。ゲスト用のカードは用意してもらっていなかったけれども、スタッフと同行すると一人は連れて中に入る事が出来るため、いくつかのパビリオンを見学できた。たくさんの人が並んでいる中、全く並ばずにというのもちょっと気が引けたけど。

 ただ、さすがにこの時期はスタッフ証では入れてくれないパビリオンもある。それに最近の混み具合から門番の仕事を特権にけしからんスタッフも現れる。

 各パビリオンにはそれぞれにピンバッジがあり、スタッフはいくつかそれを所有しているのだ。そのパビリオンオリジナルのピンバッジを各国のスタッフ間で交換して自分でスタッフ章の紐に付けたり、コレクションを作る。

 そう。スタッフはこれを持っているはずなので、イタリア間の中国人スタッフはこれを賄賂として要求。入れてもらう為に手にバッジやら金銭?やらを渡して行く。。

さすがに中国だ。お国柄が徹底しているね。
とはいえ、1、2時間も待つのはご免。友達が賄賂を渡してくれて通してもらう。僕も中国に染まって来たんだろうか。

ま、賄賂も出せない潔白な日本人課長は結局損をする国なんだけれど、どっちが良いのやら。

31日。もうすぐエキスポが終わる。

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

[2010/10/24 13:44] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌番外編「ハチ公前で抗議する人と話してみたら」

 驚いた。
渋谷の駅前が日本国旗や中国への抗議の人々で溢れていた。怖かった。
私は日本の権利は主張すべきだし、言論の自由な国なのだから街頭演説をすることもかまわないと思う。

 しかし、この光景が恐ろしいのは「尖閣諸島の領土権」の問題を主張しているようでも、排他主義的言動が大きくなり、いつか知らぬ間に市民レベルで日本人と中国人が憎しみあうことになることだ。
 
ここで 恐ろしいプラカードを目にした
「日中友好禁止」
「中国製品を買うな」
「日本企業は中国から撤退せよ」

あまりにも恐ろしくなった。彼らは自分が発している言葉の意味がわかっているのだろうか。プラカードを持った人間に聞いてみた。

私「なぜ日中友好禁止なのですか?尖閣諸島の問題と市民レベルの友好とは別次元の話でしょう?」

相手「中国は明らかに侵略をしている。日本国とはいわば戦争状態にあるのです。そんな国と友好なんてできない。彼らの有益になることはしないということです!!」

私「中国製品を購入するなというのは、現代社会において不可能なことです。ほぼすべての製品が中国とかかわりがあるはずです。日本のためにもなりません」

相手「勉強してください!!(半ば切れ気味)」

私「なぜでしょうか、このグローバルな社会の中で日本が孤立することは不可能です。日本が中国から撤退して何のメリットが日本にあるのでしょうか?教えてください」

相手「(激昂して)勉強してください!」

わけがわからない。自分の主張の理由を答えられない人間が人と人を憎しみ合わせる言葉を発しているのだろうか。

ここで何人か周りの人が集まってくる。

A「あなたは何人(どこの国の人)ですか?」

私「日本人です。」

A「お父さんお母さんは日本人じゃないでしょう?」

私「日本人です。」

A「いつ帰化したんですか?」

またもや、わけがわからない。この議論に本来私がどこの国の人間であるかということは関係がない。それを民族主義的に排他的に、私が中国人だからそんなことを言うのだろうと怒りをもって、半ば脅迫気味に言ってくる。

B「お前はアナーキストだな。言論の自由を否定するのか!」

いやいや、あなたたちの主張をまじめに聞きたいだけです。なぜ対話ができないのか。

やじうま「中国の対応っておかしいですよね。少し極端かも知れませんが、それに対して抗議をしていると思うんですけど、、」(通りすがりの女性の野次馬だと思われる)

 怖い。それでもここに集まる人々は尖閣諸島の問題のみならず、他の極端な情報を浴びせられ、国全体に排他的なムードを作る。このムードというのは政治的な問題よりも尾を引くことすらある。

ここで警察が輪をばらけさせる。

尖閣諸島の問題と市民レベルの友好はまったく別次元の話だ。日中友好まで否定する人々には中国人の友達はいないのだろうか。対話をしたことはないのだろうか。民主主義の基礎は対話にある。こちらから対話を捨てることは、自らを否定することにある。
 今回の尖閣諸島の問題に関して市民も抗議するのはわかる。それは言論の自由だ。しかし、外交の一問題に対する主張が中国人全体に対しての対立を煽るものに摩り替わってしまうことがおそろしい。日本を代表する場所である渋谷で、そんな光景の姿が中国や世界に発信されたらやはり中国の人々も日本人に対して敵意を持たざるを得ないだろう。

 大体、政治的な問題と友好の問題を一緒にする人間は旅もしていなければ、外国で一人一人の物語を聞き、彼らと対話をしていない人間なのではないか。

何度でも書く。

人はもっと旅をすべきだし、人はもっと対話すべきなのだ。





[2010/10/04 01:56] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌-63「ぶつかっても悪くない、の交渉術」
尖閣諸島の事故で、日本は中国の交渉手法に完全に負けてしまった。

ただ、これが政治的な場所、事故でなくたって、日本人はきっと交渉にきっと負ける。


あまり個人的なことは書かないようにしていたのだが、自分の体験談からそう思うのだ。


~~~回想~~~~


電気自転車で食事の後、次の遊びに向かうとき、その事件は起こった。

道路の真ん中に車が停車しており、当然、道路中央側を通ると危ないと思ったので右側を通り抜けようと試みた。



が、


しかし、



突然、後部座席のドアがおもいっきり開いた。


ドアを躱そうと試みるが、左ハンドルがぶつかる。バランスを崩し、吹っ飛ばされる。


バイクはガードレールにぶつかった上、

体は道路に叩き付けられる。

(ガードレールは壊れて、バイクは破損)


目を開ける。


痛い。


というか、左手の感覚がない。



肘から先がどうなっているのか分からない。



でも、まて、



「ゴキッ」とか音も鳴っていないし、

「ポキッ」とか「パキッ」とも言ってない。


あれ~、骨が折れる音ってどんな表現をするんだっけか?なんて冷静に考えつつ、



、うん、どれも聞こえてきていない。


つまり、骨は折れていないはずだ。


実に論理的だ。


うん、頭はうっていない。



ただ、痛い。
何も考えられずうずくまる。

野次馬がくる。
車に乗っていた人間も降りてくる。


近くによるとそして頭をわしゃわしゃ撫でられる。

「大丈夫、大丈夫。」

わしゃ わしゃ わしゃ

「けがはないか?」

わしゃ わしゃ わしゃ

「飛ばし過ぎだよ」

わしゃわしゃわしゃ

と中国語で。


「いや、お前に何が分かる!?」


「加害者のくせにお前、頭を撫でるな!!」

と怒りを出したいが痛くて動けない。声も出ない。


あたった車はBMW。向こうの車は無傷だ。
(そんな心配をしてしまうことはないのだけれども)

彼らは一応紳士的。みんなお金を持っている感じは受ける。

加害者A[医者に行くか?連れて行く。」


(「いや、でも、次の遊びがある」)

手は動くか、、、

感覚はないが、指先は動く。

「(「うん、コレならいける)」

なんて、思い

「多分、骨は折れていない。大丈夫だ、5分休ませてくれ」という。


彼らはそれを聴いて安心したんだろうか、こんな言葉を掛けてくれる。


「事故があった事は、非常に残念で運が悪い事だ。でも、こんな事件が会ったから私たちは知り合う事が出来た。後日、是非食事をごちそうさせてほしい。そしたら私たちは友達になり、この事件は良かったことになる。」

と。。。。




「すげぇ。」




一瞬きょとんとした。
そんな事を今、言うか?


この富裕層の思考法には感動すら覚えた。中国の人は金持ちと下層では考え方が全く違う。こういう人間が上に立つ。



とにかく、手は痛く、小指や薬指の感覚は全く戻らなかったが、


とりあえず踊りに。。


痛かったが、その後、徹夜で仕事。
右手の人差し指でなくて良かったと思いながら仕事。




2週間。
まだ、小指と薬指のしびれは取れない。


テレビショッピングで、

おばあちゃんが、


「冬になるとねぇ、、手先のしびれがとれなくってねぇ、、、」

なんてセリフの意味が分かった。

手先がしびれるっていうのはこういうことね。。なんて楽天的に思ってみたり。



さて、



「次回:車でぶつかった人は大富豪、事故から始まるサクセスストーリー」

とか、
「事故から始まった日中友好」

なんて、報告が出来るといいんだけれども、


事故が起こって半年以上。


いまだに彼はおごってくれない。


~~
要するに
今回、日本の対応は責めたくもなるのだが自分が漁船の船長で、中国の漁船にぶつけられたらいろいろ交渉で負けてしまう人も多いだろうってこと。日本人はなによりそれを鍛えるすべも機会もすくなかった。日本が町工場の職人になってしまわぬよう、世界で唯一の工場の卓越した職人で交渉のカードを切れるようにするには国家の戦略が必要だろう。


 交渉に勝てるのは、実は法律のエクスパートよりも大阪のおばちゃんだったりするのかもしれぬ。省略しすぎてわかりにくいかも知れないが、国民をどう育てるのかも、実は国の大切な役目なのだと思うのだ。

[2010/10/02 15:20] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。