ものごとのはじめ
図面のチェックをするとき、設計のアイディアを出すとき、
コンピューターで書かれた線の上にトレーシングペーパー(トレペ)を重ねる。
敷地の線だけの時もあれば、修正の必要な図面の時もある。

重ねるトレペはA3の白いトレペでもいいけれど,
出来れば薄くて黄色いロールトレペがいい。
図面の上にロール紙を敷いて、必要な長さよりちょっぴり余白を残して金尺を当てる。
この余白はアイディアの為の余白。何か思いついたときに書き足すためだ。

金尺にゆっくり人差し指と親指を当てて、背筋をちょっぴり伸ばして目線を真下に落とす。
金尺とトレペが直角になっている事を確認して、左手の二つの指に力を込める。右手でトレペのロールをしっかりつかみ、体の芯の方に引き上げるようにして「ザザっ」とトレペを切る。

トレペの切れ端が折れ目でうっすらと白くなっていて、無駄な折れ目も切り残しもないのを確認してから右手のロールを横に置く。代わりに机の奥側から鉄に皮が巻き付けられている丸い形の文鎮を二つ手前にもって来る。手の平にはしっかりとした重みと滑らない「ほぁっ」とした感触が残る。


トレペの丸まってしまう側を机に向ける。トレペと下の図面の位置を合わせてまずは文鎮を一つ紙の左上に置く。もう一つの文鎮は紙の右上に最後に配置するので出番は後だ。

もう一つの文鎮の出番の前に下の図面とトレペとの間の空気を抜かなきゃならない。右手の小指側の側面で左から「すーっ」とトレーシングペーパーをなぞる。小指をしっかり延ばし、手の平と小指に15度ぐらいの角度をつけるのがきれいに貼付けるコツだ。

この右手側面が感じるトレペならではの「ざらっ」としていて、ちょっぴり「ひやっ」として、手を吸い付くような感触が僕は好きだ。


 毎日何度もすることだけど、この感触を味わう時はそれまで悩んでいても、きっと何かが出来るような気がしてしまうのだ。


[2010/02/26 02:02] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ついでに
奈良に行ったほぼ全ての人が思うと思うが、、

せんと君はあり得ないだろう。気持ち悪いし、仏様を馬鹿にし過ぎ、、、誰が喜んで広報に使うんだろうか、
広報をやっている人すら可哀想に思う。

マント君は選定の不透明さに抗議して、公募、選定された。どう考えたってこっちの方がかわいいとおもうのだが、、、
本当に、、公募で選ぶって一見公正に見える方法だが、結局一部の人間が決めてしまうのだから、選定のための


市民アンケートとか一体何の意味が在るのだろうと思う。
せんとくん
せんとくん。。。、、、、


まんとくん
まんとくん。
[2010/02/25 01:56] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ついに室生寺まで、、、
土門拳が愛した室生寺、この寺にある仏像は本当に美しい。
写真は撮る事は出来ないので、ただただ、目の前にいて見とれていた。。

室生寺1
室生寺2


しかし、、、
国宝の手前に、キャットアイ石おみくじを置く事はないだろう。
室生寺残念
(写真の所ではないけれど、こんな感じ)


あまりに世俗的すぎる。。。。

どうしてなんだろ?
[2010/02/24 01:12] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界で最も美しい墓
世界で最も美しい墓はどこだろうか。最も美しいと言わずともベスト10には入れたいお墓が吉野山の妙意輪寺にある。後醍醐天皇のお墓だ。宮内庁の管理所を通り過ぎ、境内の上へとあがっていく。脇は鬱蒼とした緑、天へと伸びる杉。そして高台にお墓が設置されている。
 このお墓には墓標はない。なにも中心には置かれておらず、墳墓でもない。奥に鳥居と門が在るだけ。周りは高い杉に囲まれている。人はここに立つと結界の先にある閉じた門とみたあとに、魂が宿っているかのような杉の集合を、そして空を見上げる。
 
 御霊は門を抜け森を通り、空へと昇っていったのだと感じさせてくれる、自然と一体になった美しいお墓だった。
妙意輪寺
妙意輪寺2





(このお墓、北朝南朝の時代,京に帰れず失意のまま亡くなった後醍醐天皇の墓だ。通常天皇のお墓は南に向けて作られるのが慣習であるが、後醍醐天皇の意思により、京に向けて、つまり北に向けて作られている)




 世界の美しい墓といえば、奥さんのお墓としてつくったタージマハルだとか、イタリアのカルロスカルパが作ったブリオン・ベガ墓地、ストックホルムのグンナー・アスプルンドとシーグルド・レヴェレンツの森の葬祭場、
アイルランドのnowth, Newgrange巨大墳墓、ピラミッドやペトラ言わずもがな、、、思えば世界中には美しい墓地がたくさんあるのだ。その中には多くの文化遺産も含まれる。
感動するお墓はそれらは自然に寄り添っていると思う。

僕には墓標はいらないが
自分が亡くなったときには美しい場所の一つ、ガンジス川に流してほしい。

[2010/02/19 19:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌-49「内戦が起こっている。」
SDC10395.jpg
ヤバい!春節だから時々爆竹やら花火があがっていたが、17日の今日は異常な花火の量だ。巨大な爆竹ばかりではなく、花火があちらこちらに、それも小さなロケット花火ではなく、花火大会で見られる規模のもの。こんなところで打ち上げるの???!! というところにで打ち上げる。12時に向けて徐々にその数は増えていく

 車も通っている道路に設置されて、バカバカ打ち上げる。火の粉は沿道の住宅にバシバシあたっている。まったく、音が途切れず、音が爆発している。住んでいるところはアパートの10階。窓からは住宅地のど真ん中で花火があがっているのが見える。目に見えるだけで何十カ所、いや、何百箇所から一斉にあがっている。暗いところが残っていない。火の粉が飛び散っていない空はない。いくつもの閃光が常に窓を照らす、外の空気煙で真っ白。火薬の匂いが窓から入ってくる。終わりのない花火大会。異常な光景。

春節ってものを全く理解していなかった。東京のど真ん中、全ての交差点で花火を挙げている感じだと言えば理解してもらえるだろうか。凄い!!唖然とした。見た事も、考えた事もない夜景だ。なんなんだこれは。。。

これが春節か、、眠れる訳がない。


(写真で黒い部分が全て本来花火で埋まっている。道路から打ち上げている。)
道路からもあぶないが、道路の真ん中から打ち上げないと逆に火の粉が危ない)

[2010/02/18 00:16] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中国からの旅行客はかつての日本人と同じように海外で大量のお土産を買っていく。日本に来る旅行者は、正直下手な日本人よりもお金を持っているし、購買意欲も多い。だけれども、まだまだ日本人は中国の旅行者への対応が分かっていない。

例えば「銀聯カード(ギンレイカード)」(___/銀聯_) ないし、union pay と呼ばれるカード。これは中国の銀行のカードであれば全て付いてくる。日本の分け方で言えばデビッドカード。中国ではどこでも使えるとても便利なカードだ。

ユニオンペイ


 中国元の持ち出しは制限されていることに加え、日本円への両替も不便でレートも悪い。中国では日本のようにvisa,masterなどのクレジットカードもきちんと普及していない。となればお金持ちの中国旅行客が大挙して日本に押し寄せても買い物が十分に出来ないという自体になる。そこで銀嶺カードの出番。このカードの目印があれば安心して買い物が出来る。自分も給料は元で貰っている為、このカードが使えるとなれば安心して買い物が出来る。滞在期間も短いため当然免税で買い物が出来る。

 この銀嶺カードが安心して使える場所が少ないし、日本での認知度がめちゃくちゃ低い。今回も新宿の丸井でギンレイカードを使って買い物をしていたのだが、他にも中国からの買い物客がわんさかいた。しかし、彼らへの対応が全く出来ていない。スタッフは中国語も話せなければ英語も話せない、対応も悪い。あまりに可哀想だったので通訳して、無駄で煩雑な手続きを手伝う。日本のデパートでは最近中国語を話せるスタッフを急募しているそうだが、そりゃぁそうだろう。中国人の買い物の量は半端ない.帰りの空港での中国旅行者の買い物品の量を見ればたまげてしまう。彼らを如何に囲うかはデパートの生命線だ。

 この春節の期間、どこの観光地も多くの中国からの旅行者で溢れかえる。お金を多く落としていってくれる中国からの旅行者をお店に呼び込む工夫は今すぐに出来るはず。彼らが買い物しやすくなるという事は、元を持つ私も買い物しやすくなるという事。是非お願いしたい。

[2010/02/17 22:17] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
吉野山蔵王院(金峯山修験本宗総本山金峯山寺)
吉野山蔵王院JPG


 法螺貝と太鼓の音、神妙な祈願の声。力強い形態をを持った外観、歴史を感じさせる柱、神妙で内部の空気が張りつめている。すだれの奥の暗がりに光る仏具。奥には秘仏である3体の蔵王権現がある。空気も凍りそうな朝、毎日7時から7時半まで祈願に参加することが出来る。吉野は山岳進行の聖地、修験道の聖地だ。蔵王権現は修験道の伝承では、蔵王権現は役行者が金峯山での修行の際に感得した(祈りによって出現させた)ものとされており日本独自の尊像だ。チベットやインドで秘仏、土着的な密教を多く見てきたが日本にもまさにこのような空間があったのだ。感動した。
 
 日本は1000年以上長い期間にわたって仏教と神道が融合されて信仰されてきたが、1868年(明治元年)発布された神仏分離令によって神仏習合の信仰は禁止され、寺院は廃寺になるか、神社に名を変えて生き延びるほかなかった。1872年(明治5年)には追い討ちをかけるように修験道廃止令が発布され、1874年(明治7年)には中心寺院の金峯山寺も廃寺に追い込まれた。(後半wikiより)

 そんな苦境を経てもこの修験道は残った。湿潤な森と山がその思想を許したのだと思う。広大で深い山には1神教はふさわしくない、そもそも日本人は森と山と交信する慣習を体の芯まで身につけているのだ。


 祈祷は続く。始めは穏やかに、だんだんと強く、太鼓の音は緩やかにしかし、徐々に鼓動は激しくなる。アフリカの太鼓は心臓のリズム。大体BMI100程度で打たれて体を動かす。アフリカの太鼓は楽しさのリズム、つまり祭りのリズムだ。日本の太鼓の発生は違ったのではないか。太鼓の音は的確に感情を高める、祈祷の言霊を増幅させ、頭が振れてくる。太鼓の音が人をトランス状態にさせる。シャーマンがトランス状態になって神や霊(超自然的存在)と交信するが、日本の太鼓の発生はこの為の用途が強かったのではないか。

 いつか修験者の歩んだ道を思いながら、吉野山・高野山から熊野にかけての霊場と参詣道をしっかり歩いてみたいと思う。

テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行

[2010/02/17 02:23] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大仏マック?
奈良のレストランに入ってさて何を食べようかとメニューを見て、目に付くのは

「大仏焼き」

 とか

「大仏きつねうどん」

 なんてメニューだ。一体「大仏焼き」ってなんぞな?

大仏の形でもしているのか?

注文したものを見てわかった。要するにビッグサイズっていうこと。
大仏焼きはお好み焼きのビッグサイズのことだし、大仏きつねうどんは通常よりも大きなお揚げが入っているきつねうどんのこと。

 そう、奈良県人は大きなものを「大仏」というらしい

ってことは

学校で君のお弁当って「大仏」だね、とか
身体測定で、去年より「大仏」になったね、とか
この服は僕にはちょっと「大仏」だよ。

なんて言うのかも。

マックに入れば奈良特別メニュー「大仏マック」があって、メガマックの2倍はある大きなハンバーガーが出てくる。当然、セットのコーラも大仏サイズ。食べ終わる頃にはすっかりお腹も大仏に。


だったら面白いのだが(笑)。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

[2010/02/17 01:27] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
上海日誌番外編「春節日本滞在記」
2月10日

昼過ぎに成田着
まずは[六本木メディア文化祭]充実した展示内容。平日にもかかわらず盛況。ただし、昔はICCのような大掛かりな装置を使った芸術が多かったが、最近は企業やメディアの物が多く小粒になっている感はいなめない。しかし、漫画やゲームも対象になる選定の幅には賛成。
 友達にも偶然会う。東京で動けば、必ず誰かと偶然出会う。やはり行くところは決まっているのだな。夜にはパラオで知り合ったステキ美容師に髪を切ってもらう。

本屋に寄って実家に帰宅
青山ブックセンターはやはり素敵。

友達家で赤ちゃん鑑賞。

11日
高速1000円を利用して車で遠出。
実家
  ↓
静岡グランシップ
  ↓
室生寺
奈良県宇陀市室生区室生78
0745-93-2003
  ↓
吉野山


12日。
朝7時より蔵王院でお坊様と一緒に祈願。朝からトランス状態。

吉水神社(お宝オンパレード)

如意輪寺(後醍醐天皇墓、こんな美しい墓があるとは)

もう一回、室生寺。

法隆寺

辰巳金吾 奈良ホテル

春日大社(夜の特別拝観、灯籠)

国立博物館

13日

東大寺(南大門は世界最高の門だ)

二月堂

新町屋見学

奈良100年会館

奈良町町家見学(落ち着いていていい。)

薬師寺
悔しい事に東塔は工事中で見れず。ミッキーマウスのいないディズニーランドのよう。ただし日光、月光の像は美しく見とれる。残念ながらおさめる寺が、、室生寺とは比較にならない。


東京へ

気付けば3日で3つの世界遺産を回ってしまった。

14日
美しい雪景色の中高尾山へ。具を買い損ねたが、やはり山で作るラーメンはうまい。山用のガスバーナーは常に携帯すべし。

温泉に入って→飯→呑み

15日
シティバンク解約。
結局、シティはアメリカ以外では全くメリットがない。155円だったユーロは121円に目減りした。結局旅行は日本円、ビザカード一本化がベスト。

アバター鑑賞
上海ではめちゃくちゃ込んでいるので、これまで見れなかった。もちろん2DのDVDは5元で売られているのだが。いい映画館で見れてよかった。

本屋、買い物

日本酒バー(知り合いが2月にオープンしたバー)
たらふくおいしい日本酒を飲ませて頂いた。

日本酒BAR『オール・ザット・ジャズ』
東京都新宿区荒木町9番地22 菅沼ビル2F
電話&FAX 03(5379)3663定休日:日・祝(月2回土休)
営業時間18時から23時(22時30分L.O.)

16日 中国へ。
内戦でも起こっているんじゃないかという、花火と爆竹の音。
春節時はたしかに寝れるわけないな。。。


[2010/02/17 01:11] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌-48「中国語とビックリマーク!!」
中国で街中の文字やメールを読んでも、強調の「!」(exclamation point)が多用される。

例えば感謝!工作顺利!なんて最後にメールに付けたりする。
抑揚の大きい中国語で気持ちを伝えるにはこの!!は欠かせない。とにかく!!と付ければ何か訴える感じがするのは日本人にとっても同じだろう。

 「ありがとうございます。」だと落ち着いた感じ。

 「ありがとうございます!!」 だと、なにか子供っぽいけれどもハキハキしたサラリーマンを思い浮かべる。

しかし、この !マーク。よく考えてみれば、中国独自のものではない。それまではどうやってこの感嘆を文字にしていたのか。

思えば、強い表現(発音)したいとなる漢字は字の形自体が強い表現となっていないだろうか。!マーク以前は感嘆の意思を漢字の形の中に組み込んでいたのかもしれない。

例えば「激烈」なんて読み方や意味など知らなくても、何か強いものを感じさせてくれる。字体として 文字の線の向きが外向きになっていると、尖った雰囲気が出る。 象形文字、つまり漢字の中に無意識の意思(デザイン)が入ってつくられたのだ。新説なるや。

***

それにしても!と?は便利。

これは本当。
これは本当!
これは本当?

全く意味が変わってくる。

ついでにこれも、

これは本当(笑)





[2010/02/06 00:23] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌-47「東洋と西洋のコントラスト」

上海弁でqiang li baと呼ばれる竹の柵。
竹2

この由来は昔江南水郷の農民からと推測されている。上海の浦西中心部では50年代~80年代ぐらいまでどこでも見かける物で、壁の代わりに、花園式里弄を中心に使われている。
竹という材料の耐久が高くないため、漆で黒く塗って、防水させるのが一般的。
竹

 

 上海の南東、フランス租界での使用が際立つ。スクーターでの帰り道、武定路のプラタナスと赤い壁、この竹の壁の間を毎日通り抜けていた。古い西洋的な建物と実に東洋的な竹の柵のコントラスト。これが実に上海らしくて心地いい。これこそ上海ならではの風景だ。
bamboo3.jpg

 この東洋的なものを自分の家に設置する事を当時の西洋人は許容したのだろうか。現在のように西洋人が東洋趣味であれば当時もそうなっていただろうが、実際には所有者が中国人の手に渡ったときにこの竹の柵が西洋の建物に付加されたのではないだろうか。


しかしながら、このqiang li baは80年代以後、どんどん消えていっている。いつまでこの上海的な風景が残るだろうか。残せるだろうか。



追記になるが 以前、能登を旅したとき美しい防風柵を見た。
notobanboo2JPG.jpg
notobanboo.jpg

上海の柵とは用途は違うが日本の集落の風景も捨てたもんではないなと思う。景色は意識し、構成要素を見てみないといつの間にか姿が変わってしまうものだ。こんな景色を作りだす要素を再発見して、次の時代に繋げていければと思う。

※qiang li baの調査データは一部学生が調べてくれたもの。ありがたく利用させて貰いました。

[2010/02/05 03:33] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エベレストトレッキング番外編
いまも世界を旅をしている友人が写真をアップしてくれているのでご紹介。

エベレストトレッキングを一緒にした相棒。彼はカメラをなくしたので全て私の写真なのだけれども、きちんとアップしてあるので、見れば必ず登りたくなる!

http://travelershigh.ojaru.jp/photo/photo-nepal1.htm
http://travelershigh.ojaru.jp/photo/photo-nepal2.htm
http://travelershigh.ojaru.jp/photo/photo-nepal3.htm

トレッキングの前半文章
http://travelershigh.ojaru.jp/dialy/dialy-nepal1.htm
※後半はまだらしい。

[2010/02/04 04:16] | 旅コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上海日誌-46「国が違えば習慣も違う」
人間は持って生まれたバックグラウンドからは離れられない。旅に出て、見て、自分の中の日本に縛られた価値観から離れようとしても難しいのだ。逆にそれを前提として考えないと他国への見解を間違えるのではないだろうか。

 日本と欧米など違いが大きくはっきりしているものは大丈夫なのだけど、アジアと日本は基本が似ている分、本質的な価値観すら国ごとに違っている事に気付かないもの。

 例えばこういうこと。

日本は陶磁器の茶碗と木の箸を使うが、韓国ではステンレス製の茶碗と箸を用いる。日本人としてみれば、ステンレス製の箸はどうも口当たりが悪く、手に持った感触も冷たくどうも味気なく感じてしまう。しかし、韓国人にとってはキラキラと輝く韓国の食器は品よく見える。韓国ではかつて上流階級では真鍮の食器を使い、一般庶民は陶磁器を使うのが普通だった。そのため、庶民にはそれがあこがれであった。戦後に経済的な余裕が在る家庭から新中性の食器をそろえるようになったが値がたかいために、一般には普及しなかった。それが、40
年ほど前にステンレス製の食器が発売されると一気に全国に普及した。 日本では金属の茶碗と言えば犬のお皿のような物だが、韓国では陶器の食器こそ犬の食器だ。
 靴の置き方も、日本では靴を脱いだら外に向けて置いたりするものだが、韓国では早く出て行けの意味にもなってしまう。
 言葉の問題は深刻だ。韓国では受動態の表現が少ない。そうなると「させて頂く」なんて表現は決して使える事もなく、韓国の人にとっては非常に卑屈な表現に聞こえる。日本人がこれを例えば韓国語で受動態的表現を使おうとすれば、なんと卑屈な人間だろうと思われる。もちろん韓国人が日本でどうも傲慢なように感じ取られているのも、彼らに単純に表現するバックグランドがないだけなのだ。気持ちなど関係なく表現方法だけの違いであるのにも関わらず、日本人は特に表面的な礼儀や言葉尻をつかむので、あれこれと感情のいざこざが起こる。


 もちろん中国もそうだ。些細な事の習慣の違い、教育の違い、違いは在るのだ。たとえば日本は社会的なネットワークの一員ということで手助けや便宜がはかられるが、中国では伝統的には血縁共同体を単位とした生活であるから、その他で他人と信頼関係をつくるにはより強い情の結びつきが必要になる。日本の場合はより緩やかな血縁主義というか地域共同体、非血縁を含んで営まれてきた。だからことさら強い情感で結びつかなくても、相手を信頼できないということにはならない。


 つい言葉が完全に通じるような人がいると、日本人のように接してしまうこともある。その分、バックグラウンドの違いがある事に気付かずに、自分の解釈で相手を判断してしまう事がある。相手に悪気もなにもないにも関わらずだ。常に物事を相対化し、可能な限り自分の常識を取り外して考えなければならん。それは日本にいても海外にいても同じだろう。

 
[2010/02/04 04:03] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |