べトナム日誌-4「修復によって失われる遺跡」

歴史もなにもかも、すっからかんに失われていく遺跡がある。
例えば、フエの院朝時代の初代皇帝のザーロン帝廟がそうだ。

 ここでの修復作業は歴史家の監督もなく、地元の作業員によって進められている。補修工事も雑であるし、そもそも作業員はプロなのか、第一修復する必要があったのだろうか。修復された遺跡には時間の流れの欠片もなくなった。なぜ、なんの目的で、修復という名の下に貴重な遺跡を台無しにしてしまうのか。オリジナルが壊されれば史実もわからなくなってしまう。そのままの状態でよいのに、なぜ修復するのか。もし修復するとしてもオリジナル部分を残す、再建するとしても丁寧に研究してつくらないとディズニーランドになってしまう。こんなハリボテを誰が見たいと思うのか。本当に悲しい。修復は工事からのキックバックを得る目的で、中枢にいる人間が工事事業を無理矢理作り出しているのではないか。ユネスコも世界遺産のリストから剥奪すると脅して、管理しないとだめだろう。まったく監視の手が行き届いていない。


この華標柱を見てほしい。以前は半壊してはいたが、落ち着いて植物も生えていたような情緒或る石柱だった。今では、新しく建設されてこんな色に塗りたくられた。この色も形も当時と同じか定かではないのだ。
s_RIMG0351_20110808094936.jpg


下手な化粧のように修復されてしまったザーロン帝廟
s_RIMG0331.jpg




まだ、修復の魔の手が入っていない隣接する第二妃の廟。こちらの方が美しいと感じないだろうか。
s_RIMG0362.jpg



廟から山の軸を眺める
s_RIMG0359.jpg





別の場所、この軸線上に造られた 母のための廟から眺める
s_RIMG0370.jpg




 分かりやすい例として、アンコールワットの遺跡がペンキで塗りたくられたら、、、、どう思うだろうか?アンコールワット周辺の遺跡を見たことがある人なら、そんな遺跡を見たいとは思わないだろう。

 地元の住民は表層がきれいに整っていないと恥ずかしい、壊れていると考えるのだろうか?海外からの観光客なら、普通は歴史的な趣きがある方を選択するはずだ。この現地人と観光客の感覚の違いは、現地に必ず伝えていかねばならない。

 一方で、フエの王宮の北側に再建された王族の子供達のための図書室は数ヶ月前からカフェとして使われている。
s_RIMG0080.jpg

王宮側から建物を眺めたもの



当時と比べて世俗化した使い方であったため、共産党の幹部からも「遺跡を豚肉と勘違いするな!」との批判の声もあがったほどと聞いた。しかし、このカフェは実に繁盛している。

s_RIMG0421.jpg
夜のテラスの様子



カフェだけは遺跡内に入らずとも外からアクセスできるように設定され、観光客よりも地元のカップルや家族連れなどに楽しく利用されている。日本の場合だとどうか。丁寧に歴史的な背景をふまえて、材料や工法にこだわって再建してしまうと、再建した建物時代が文化財指定されてしまい、その後の建物利用が厳しく制限されてしまう。コンクリートで造った偽物なら、自由に市民に公開できて親しんでもらうことが出来る。市民のことを考えると単純に本物思考で再建すればよいということでもなさそうだ。それに古いもの=美しいというのは、主観であろう。



では、保存、修復、再建の選択は何をもって決定すればよいのか?



ベルサイユ宮殿が汚いままでよいか、金閣寺の金泊が禿げたままでよいのか。いやいや、それは違う。
では、すべての建物を当時のままの姿に戻すべきか。いやいや、それも違う。
では、すべての建物を放っておいていいというのか! いやいや、これも違う。


僕の意見は「当時の設計者何を考えて作ったのか、その時代にこそ生まれた哲学はなにか」を尊重することこそが遺跡を適切に次世代に繋ぐことなにだと考えている。

 歴史的な形態がこうだったから、その形のままに再建するということでもない。使い方を現代にあわせて変えたっていい。当時のようには利用されないのならば、無理に修復する必要もない。先ほどの華標柱も2本並んで建って初めて廟内の魂が救われるという意味性があったとする。それならば1本の柱を壊れたままに保存しておくのではなくて、2本建てることを前提にどうデザインしていけばよいかという選択していけばよい。もしくは、山との軸と結ぶ見え方が必要であった場合、遺跡を修復するよりも、遺跡から山の軸が見えるように木を刈ることを先に行うほうが重要だ。


 加えて建物だけではなく、周囲の環境をどのように復元していくかも鍵となる。遺跡は周囲のランドスケープも含めて計画されていることが多い。フエの帝廟でも治水を行いながら、それ自身が治水機能を果たすように造られている。自然と一体となるよう計画されている遺跡を、自然と切り離して存続させても意味が無い。ましてやフエは街全体が風水思想によって成り立っている。王宮や廟のみを復元、修復するだけではなく、全体の環境システムこそを保存•再生していかねばならない。


 当時の「哲学」を保存するという判断基準をもって考えたとき、これから修復の作業はどのように進めるべきなのか、今一度考えてほしい。


決して遺跡修復が地元の役人の懐にお金を入れるための工事であってはならない。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

[2011/08/08 10:02] | ベトナム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
べトナム日誌3-「韓流のゴリ押し」と呼ばれる報道について。
 どうも日本は自らのことを全面に出すのは苦手らしい。日本人の誇るべき恥の文化からなのか、発言もプレゼンも一歩引いてしまう。その点、中国や韓国は流石な部分がある。

 ベトナムも一党独裁主義であるため、具体的には書けないけれど、見れば見るほど汚職の問題などが浮き上がってくる。一方で、政府高官に賄賂を渡さなければ、外部の人間はなかなか仕事を受注できないなど必然的ともいえる状況が一般化している。中国や韓国であれば、アジア圏でのビジネス手法である賄賂制度にのっとって進める。自国や自社のためになる案件は袖の下を通して政府官僚から受注されることも多かった。日本は高い技術を持ちつつも、現地派遣の課長レベルの判断では賄賂をすぐに渡せないので、(誇るべきだけれども)、日本は仕事が受注できないという構図になる。


 しかし、汚職にまみれた現場では、下請けへの手抜き工事や目的をはっきりしない事業などによって、海外援助の為に集められた血税が現地の人のためにならないことがある。それに役人が変わるなど風向きが少し変われば、事業自体がストップしてしまう。一方、日本の場合であれば、どんなにお金にならない工事でもそれを忠実に遂行するため日本への信頼は非常に高い。



 ただ、どうして、賄賂はまだしも、現地にとってためにならない事業が実行されてしまうのか?極端に言ってしまえば、海外協力援助のお金は 現地の人々の生活への寄与だけが目的ではなく、援助する国側のイメージを良く対象国に植え付けること、自分の国への味方を増やすことが目的だからだ。


だからこそ、丁寧に調査して行う仕事などよりも、簡単な目に見える偉大な成果が求められ、その結果として自国の旗を援助国に立てる。



 例えばSAMSUNの出資によってCG映像が王宮内で流されていた。このCG作成チームは一部だけ調査しただけではあるが、全体を網羅する大規模な範囲でのCGを作成し、一番重要な王宮内建物で映像を流している。観光客も歴史について詳しく知ることが出来る一方、正しいかどうか分からないCGが上映され、この写真のようにSAMSUNのパネルが景観のノイズになっている。

s_RIMG0095.jpg




 歴史的真実性と景観を重要視する立場からは悲しい限りだが、このような出資者の広告は韓国だけでなく、他の国も当然行っている。国家戦略的に日本よりも格段に優れている。

 日本の旗や企業は海外でほとんど見ることがない。相当な量と金額を援助しているはずだが、いったいどこにお金は消えているのだろうと思う。他の国の国旗はよく見るのにだ。近年の透明性の問題から、ODAの出資した事業でも外国の企業が元請け、日本の企業が下請けで入るとか国家戦略的には意味をなさない入札の実態も多い。
日本のお金が日本のためにも、現地のためにもなっていない場合もある。

 この間、日本に滞在していたとき、セブンイレブンのイメージキャラクターとして東方神起や少女時代を採用しているポスターをみた。

韓国のアイドルを採用することは、日本企業が日本の芸能人を育てないのは国策としてもったいないのでは?なんてはじめは思っていた。


 しかし、セブンイレブンは既にアジア圏を中心に数多く展開している国際企業だ。そういう意味では少女時代のイメージキャラクター採用は適切な選択だろう。アジアMTVでの彼らの非常に人気はものすごい。日本のアイドルでMTVでヘビーローテーションで流されている人がいるのか。安室奈美恵さんなら大丈夫だけれども、広告にはグループの方が使いやすい。男性はと言えばSMAPが思いつくが広告費用が高すぎる。そんなこんなを考えだすと日本企業が韓国アイドルを使うのも分からなくもない。韓国のアイドルの露出回数のゴリ押しを指摘する人が現在多くいるけれども、要するに日本が戦略を見誤っているだけだろう。国内でAKBの露出戦略を国内で練るよりは、アジアでのMTVやspaceチャンネルなどへの日本の楽曲の露出を高める方が日本の広告代理店としての役割は果たせるのではないだろうか。



 おば樣方の心をつかんだヨン様とか韓流四天王をはじめ、日本人の多くの若者が持つ韓国への心象を大幅に改善したKARAや少女時代を思えば、日本もきちんとメディア戦略をもっともっとねるべきだろう。極端ではなく、中国での安室奈美恵さんやスマップのコンサートは日本が国家として支援してもいいぐらいだと思っている。国粋主義者でもなんでもなく、なでしこJapanの活躍を応援するのと同じ感覚で応援している。



 前回、文章を抜粋記載したように、日本は文明的に独立しすぎている国家だ。日本は日本を応援してくれるサポーターを世界中につくっていかなければ困難時に立ち向かえないし協力も得られない。他国と文明が違うからこそ、若い世代から生まれてくる日本独自の文化を輸出することで世界中に仲間を作っていければよい。



日本流の殻に閉じこもるのではなくて、日本がどう自らの国をより良くアピールしていけるか、様々なレベルで取り組んでいきたい。もちろん、日本だけが良ければいいのではなく、世界が良くなればよいという立場で。

[2011/08/06 23:46] | ベトナム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ベトナム日誌-2「遺跡保存とAR」
AR=拡張現実
英語の Augmented Reality (英語発音: /ɔːgˈmentid riˈæləti/ オーグメンティドゥ・リアラティ)の日本語訳であるため、それを日本語発音した「オーグメンテッド・リアリティ」や、省略形のARも用いられる。また、拡張現実感(かくちょうげんじつかん)とも言う。

拡張現実(かくちょうげんじつ)とは、現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境そのものを指す言葉。
(Wikipedia より)

この言葉が有名になったのは、
劇場版ヱヴァンゲリヲン破のDVD・ブルーレイ販売をローソンでおこなった記念キャンペーンでのことだ。
ローソンエヴァンゲリオンARアプリを入れたiPhone越し箱根の山を見ることで、そこにある筈のない80メートルの等身大エヴァンゲリオンが現れるというイベントが開催され、大好評の中終了した。



画像:【レポート】実物大エヴァンゲリオン初号機はこうして出現した -ARエヴァ開発秘話-1画像:【レポート】実物大エヴァンゲリオン初号機はこうして出現した -ARエヴァ開発秘話
エヴァ3


実際のイベントの様子(何も無い小学校跡地、iphoneをかざす場所によってエヴァの見え方も変わる)
http://journal.mycom.co.jp/photo/articles/2010/05/27/arevahiwa/images/006l.jpgより


存在しない場所にiPhoneをかざせば、そこには或るはずのない物体や建物が見えるという技術は、今後、より一層一般化するだろう。当然AR技術はipadでも実現できる。文書書籍とタブレット型コンピューターの急増を考えれば、2,3年後には多くの人がARを見るためのツールを持ち歩くようになっているかもしれない。





で、 本題。







このAR技術を歴史遺産の保存に役立てられないだろうか。




既に滅びてしまった、壊れてかけている遺跡を 世界中で数多くみてきた。実際この朽ちた遺跡群が過ごした悠久の時間の流れに想いを馳せるために世界中を飛び回ったのかもしれない。1000年前の2000年前の市井の人々の生活、遺跡を苦労してつくった人々のことを想いながら、そこでゆっくりと昼寝でもして時間を過ごすのが旅の至極の時間だった。


 逆にしっかりとした研究もないままに、再建されてしまった建物をみると非常に悲しい想いをさせられる。テーマパークのように、そこには時間の流れの欠片もなく、ただ、作られてしまった建物。例えばきれいサッパリと修復されたメキシコのティオティワカン。これをみたときは、存在自体がおもちゃのように見えた。



「再建するのが悪いのか!?」との反論もあるだろう。
「遺跡は壊れたままで放っておいてよいのかと?」




遺跡を修復するにあたっては大きく2つの考え方がある。

「オリジナルに忠実に直す」と「オリジナルと区別をつけて直す」

 前者は、歴史や当時の工法を研究し、できるだけ同じ材料、工法で修復して、当時の美しさを再現する目的で使われる。再建とは異なるが、結果的には似た印象を受ける。
 後者はヨーロッパの修復時によく使われる手法だ。完全にオリジナルが修復できないならば、もしくは、昔には必要なかった機能を加えざるを得ないときには、修復した部分と歴史あるオリジナルと区別が分かるように修復する。そうしないと何十何百年後に、どの部分がオリジナルの設計なのか分からなくなってしまう。迂闊に修復すると来場者に間違った印象、歴史を植え付けることになりかねないからだ。区別をつけるという修復例で言えば、古い城に階段を付ける必要が生じた場合、あえてガラスや鉄で設計する例もある。


 僕も前者(同じ材料、同じ工法など歴史的な史実にそって修復すること)に決して反対するわけではない。けれども、僕にはどうも一方で完全に新しくなった建物に本当の魅力を感じられない。特に、発展途上国(中国やベトナム等)における偽装的な再建など、目に余るものがある。木造だった柱はコンクリートで作られ、屋根も色彩も歴史的に史実になのかも分からない。
 世界遺産のベトナム•フエの王宮の中には、存在すらしていなかった建物(日よけのための建物)が当時のスタイルを真似て建築されてしまっていた。みていて悲しくなるほどだ。

s_RIMG0081.jpg
(写真手前の空地に当時の重要な建物が建立されていた。こちらは長期にわたる研究の上での再建を試みられている。日よけなど、すこし外れた位置にテフロン製のテントとフォグ(水の霧)と扇風機を組み合わせたものを配置するなどすれば事足りただろうに、、、、)


 荒廃した悠久の歴史を感じさせつつも、当時の豪華絢爛ぶりは如何様なものだったのか観光客に伝えるにはどうしたらいいか。



これこそに AR技術を使いたい。



 写真のように崩れかけ基礎しか残っていない遺跡がある。
s_RIMG0122.jpg




ここにI-padをかざすと、その画面には当時の遺跡の姿が見えてくるというのはどうか。先ほどの王宮建築を当時のように再建するとした場合多くの調査、研究と時間が必要。この研究•調査の期間が行われている間はとりあえずARをつくっておいて市民や観光客に公開するということができるのではないだろうか。多くの遺跡をすべて修復再建するにはお金も足りないだろうけれども、ARならコストはかなり抑えられる。

 このような考えを東大の研究室が奈良の平城京(現在、跡地は更地)でも使用しようと試みたようだが、ニュースで推測するかぎり、まだ一般には公開されていないようだ。






このAR技術、遺跡の保護や観光イベントに使われるように必ずなっていくだろう。一過性の遊びの企画だけでなく、じっくり遺跡保存の為に使ってほしい。
[2011/08/01 10:31] | ベトナム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ベトナム日誌-1「変わる街」
 5年ぶりのベトナム。残っていた10万VND(ベトナムドン)札や1万VND札は使えなくなってきた。レストランで、出してみると、

「これは古くて使えない」



と言われつつも、あれよあれよと次々ウェイターが集まって、

「その古いお金と、自分の新しい1万VND札と交換してくれ」


と、あっという間に1万VND札はなくなった。


ちょっとした浦島太郎。


しかし、ハノイは変わらない。開発新区に行ったり、工場地帯は大きく異なるのだろうが、旧市街ではベトナムの三角帽子をかぶっている人が少なくなったなぁとか、車が増えたなぁという程度の違いでまだまだ大きな変化は見当たらない。以前に書いたけれども、時代の変化は女性のファッションから変わっていって、テクノロジーによる加速し、最後に都市形態が変化する。


  しかし、ハノイはまだ“変わっていなかった”という印象はどこからきているのだろうか。既に美しい町家が残っていたハノイではなく、ショップハウスや土産物屋が乱立して“変わってしまった”ハノイから変わっていなかったというのだろうか。

 おそらく、僕がみていたハノイのは活力に満ちあふれていたけれど、ハノイの最も美しい状態だったとは既に言いがたい状況だったと思う。


 10年ぶりのフエ(Hue)はどうだろう。


 僕が修士論文の時になんとか文化価値として残そうとした船上生活者は見事なまでにクリアランスされていた。無力感というか、フエがフエでなくなった気がした。街に鮮やかさがなくなってしまったようだ。



 (以前の写真)10年前
hue船上生活
hue_boat.jpg
hue船上生活者2







s_RIMG0107.jpg
(現在の状況)

世界で最も多くの船上生活者が暮らしていた、フエはルクセンブルグの無償援助によって良くも悪くも刷新されてしまし。今では船上生活者など見かけない。




笛で失われかけている景色は、なにも船上生活者だけじゃない。
なんとか今、食い止めないと、それも現代に調和した形で以前の遺構•環境システムを取り戻さなければ、無味乾燥な世界に取り込まれてしまう。
[2011/08/01 01:19] | ベトナム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |