スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
リオ•デジャネイロ、2014年に向けて
 リオデジャネイロは何度来ても 特別な街と感じる。。海と山も自然も大都市も全て混ざり合い成立している街。海と山と高層ビルのすぐそばに飛行場まである。奇妙だけれども忘れがたい景観。

 リオデジャネイロは2014年ワールドカップと2018年のオリンピックを控えて、街中がウキウキしているかのようだ。
貧困層の問題も以前よりは改善され、リオのファベイラ(貧困街)にはUPP(安全警察)が入ったことで今では安全になっているようだ。特にイパネマ等のビーチ近辺ではイベントを控えて安全な街をアピールするため、政府もプライベートカンパニーも多くの資金を投じている。

一方で、まだまだニテロイ(Niteroi側)のファベイラは危険なようで、オスカー•ニーマイヤーの美術館の崖の上に建った近隣住民施設を見学しようとしたら警察に止められた。30分前に銃撃戦があったとのことだ。貧困層の収入増加率が富裕層と比べてあがっているとは言え、まだまだ、問題が大きい。ブラジルの北と南では教育レベルも異なるし、まったく違う国民が混在しているかの様だ。
s-100_2810.jpg
s-RIMG3949.jpg
現代美術館(MAC)
s-RIMG3950.jpg
崖の上の公共集会場




 今回のリオでは4年前に街で偶然出会ったブラジル人の住宅にお世話になった。4年の間で二人は結婚し、男性の方はソーシャルメディア広告会社のCEOとして活躍していた。当たり前のことだけれども、誰もが知らない間に、今、この瞬間にも70億人分の物語が生まれている。
 彼の会社はまだまだ小さな事務所ではあるけれども、若い社員が10人程楽しそうに仕事をしていた。次々と新たな若い仕事へのエネルギーが生まれてきている。
 s-RIMG4010.jpg


上海で知り合った友人(台湾人、アメリカ人)とも合流。ブラジルの会社に勤め始めたらしい。人が動く時代ではあるけれど、他にもサンパウロにも移動した友人もいた。ブラジルは成長が約束されている国だ。活気がある国には人が集まる。そして当たり前のことだけれども、人が集まれない国にも活気は生まれない!
スポンサーサイト
[2012/11/07 02:13] |  -ブラジル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
音楽で決まるブラジルの市長選
ブラジルの小さな街アントニーナという街
クリチバから車で東に1時間半ほどいったところにあり、世界遺産(自然遺産)として登録されている「大西洋岸森林南東部の保護区群」にも近く、街のすぐそばにはマングロープの樹林が広がっている。

17世紀には金銀を運び、現地労働者を搾取するため、また湾の奥地にある防衛的な機能もあり開拓がはじまり、1714年にアントニーナとして街が形成された。19世紀始めからはブラジル•マテ(マテ茶)等を運ぶ為の湾に面した港街として栄えた街ですが、20世紀半ばには深度の問題で湾の主要港は他の街に移り、1976年には列車も廃止されました。観光ルートからもはずれ、いまでは何もないと思われているような静かな街。

そんな街だが市長選の時は騒がしいお祭り状態になる。

たかが選挙と思うけれども、まるで全住民がそれぞれの候補者の陣営に立って戦うかのよう。
朝から大きな旗をもった市民が立ち、夕方になれば花火があがって集会が始まる。
特徴なのはさすがはブラジル、音楽の善し悪しで市長が決まる。
車を改造してスピーカーを詰め込み、爆音を挙げての候補者の宣伝音楽。
そこには政治的な主張はないのがポイント。


それぞれの立候補者に番号が与えられ、「♪アイヨウヨー♪ にじゅう~♪エレナっ!エレナ!♪」って感じで音楽と一緒に番号が頭に刷り込まれる。音楽で決まる選挙って、音楽の国ブラジルらしい。確かに、新しい市長になった候補者の音楽が一番頭に残ってる(笑)


異常な数の応援団。何処からお金が出ているのだろうか。
s-RIMG3498.jpg

爆音改造
s-RIMG3402.jpg

s-RIMG3417.jpg

超爆音改造、トラック全てがスピーカー
s-RIMG3498.jpg






さて、こんな田舎でどうしてこんなに選挙活動が盛んなのか。まるで住民全てがそれぞれの市長候補派に分かれて戦っているかのようだ。たしかに1週間で100レアル4000円ほど貰えるとのことだけれども、1週間だったらそんなに高い値段じゃない。どうしてだろうと考えていたらヒントを貰った。

 このアントニーナは2011年3月11日に豪雨によって地滑り災害が起こったように自然災害の多い土地。以前の市長によって展望台が作られたが、整備もなく崩壊し、それまでの道も寸断されてしまった。現在の市長は過去の市長の行ったことは、過去のものとして気にしていないらしい。この展望台を作るのに多くの資金をつかったと思うのだが、維持費ならそうお金が掛からないはず。

 そう、新規の建築工事であれば多額の工事となり、おそらく市長へのキックバックが発生しているのだろう。実は2013年より、ペトロブラス(ブラジルの国営石油会社)による港湾工事が発生し、その工事に直接関わる人員だけで1500人もの労働者がこの小さな街にやってくる。この利権を誰が得るのか。

 今回の市長選が大きなうねりとなっているのは、こんな背景もあるのだろうか。
[2012/10/28 22:57] |  -ブラジル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
[080318]Rio De Janeiro
  それでも生きる子供たちへというジョン・ウーやスパイクリー等の7人の映画監督がオムニバスで送る世界の子供たちの厳しい現状を描いた作品がある。その中でブラジルのストリートチルドレンを描いたショートムービーが含まれていた。缶やニッケル、ダンボールなどを仕分けしながら集め、それを換金所に持っていくとお金がもらえる。リアカーを借りるのもお金が必要で、ほとんど儲けることが出来ない。町を歩いていて、収集所も見学することが出来た。
 これは子供たちだけではなく、若い人もおばあちゃんもごみ収集を行っていて、リオでは一種の職業として存在しているように感じた。階層が固定化されている。

 リオは美しい。コルコバードからの眺めは絶景だ。海のすぐそばに標高800m近い丘があるのだ。特別な風景だ。この場所に町のどこからでも眺められる巨大な像を配置したことは賞賛したい。

ブラジルにはブラジリアぐらいしか建築がないと思っていたらトンでもなかった。メトロポリターナ教会(catedral Metropolitana)は素晴らしい空間だった。直径106m、高さ80m、ブラジルの強烈な光を間接光に変換し、それを取り入れて内部に驚嘆する空間を作り上げていた。

s-100_2687.jpg


また、隣にあった新しい建物も、おもしろかった。おもちゃのジェンガのような建物だ。、階高とは関係の無い四角い窓を利用することで、そのキュービックのような形態をより具現化させていた。可動式のブリーズ・ソレイユを使い、表情を変化させるとともに、東西方向と、南北方向では可動させる方向が異なるのでそれも建物のデザインに一役買っていた。

s-100_2699.jpg


 町にもオスカーニーマイヤーが作ったと思われる彫刻的なモニュメントもあり、建築から脱したと思った南米で休息を与えてくれない。

夜はサンバを鑑賞。他にもガウーショという、紐に玉をつけたポイのようなものを振り回しながら、床にたたきつけ、音を鳴らし、かつ足もタップダンスという素晴らしいショーを見た。

 また、サンバもちょっと頭にとさかをつけた美女が踊るだけかと思いきや、まったく違いました。


一言で言うなら



「動く小林幸子」



それも5体



トンでもない衣装で驚きました。リオのカーニバルはそれはすごいだろうなと感じました。
s-100_2747.jpg

[2008/03/18 06:28] |  -ブラジル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
[080317]Rio De Janeiro
ポルトガル語ではRioは川、Janeiroは1月なので、Rio de Janeiroの名前は「1月の川」という意味だ。

ブラジルについた。アメリカから一転、これからは英語が使えない国、ようやく旅らしい感じになってきたかも知れない。

コパカバーナのドミトリーに宿を取り、町を散策する。本場のシェラスコは旨い。かつてのボスのブラジル仕込みのシェラスコも旨かったが、それに慣れていた分、リオの肉の柔らかさとジューシーさに舌鼓。
s-100_2709.jpg



コパカバーナに宿を取りビーチでビール。
s-100_2625.jpg




イパネマビーチには、いるわ、いるわ、たくさんのイパネマの娘たちが。

若干、太っちょなのもいるが、イパネマの娘には変わりない。
ボサノバの名曲「イパネマの娘」を鼻歌しつつ、奇岩が迫る不思議な景観を楽しみながら、気持ちいいビーチを散策した。

 ビーチ沿いは舗装が見事に整備されていて、舗装のデザインがビーチにアイデンティティを与えているほどだった。建物側の舗装も同素材で、しかし、何からも自由な模様としてデザインされていた。歩道からのシークエンス(眺め)も心地よいが、この長い舗装デザインをホテルから眺めたら尚美しい。修復も現地の作業員が同じように直すことが出来るので、半永久的にこのデザインが保てるのも嬉しいところだ。

s-100_2632.jpg
s-100_2623.jpg


(上がイパネマ、下がコパカバーナの舗装の模様。)


夜はJazzとBossanovaのライブを聞いて素敵な時間を過ごした。いい夜だった。

[2008/03/17 06:16] |  -ブラジル | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。